金曜の夜、土曜日の夜、丸信そしてティンフック

ひさしぶりに近所の肉匠酒場丸信にくる。
さすが週末。にぎやかです。お店の人に「いつもひいきにありがとうございます」って挨拶される。
チェーン店ではないお店。人とふれあうことを求めてやってくる人ばかりで店が満たされる。この一週間の疲れが吹っ飛ぶような元気と人間味。なんてステキとにっこりします。
あれこれ注文。厨房の中はてんやわんやの大忙し。ちょっと待ちます。いつもなら時間のかかるシュウマイが一番最初にやってきた。せいろに入れて沸騰させた蒸し器の中にいれればできる料理だから仕込んでおけば手間いらず。
そしてこれが案外おいしい。肉がたっぷり、肉汁じゅわっ。芥子をたっぷりのっけて食べると醤油もタレもいらず酒をおいしくさせる。

料理がひとつやってくるとそれから続々料理が届く。居酒屋という店のオモシロイとこ。
まず納豆巾着。こんがり焼けた油揚げ。噛むとサクッと前歯で歯切れ、ほろほろ崩れながら転がりだしてくるのが納豆。とろけて粘る。さらしたネギと一緒に食べると、そのシャキシャキが納豆のとろけを一層おいしくさせる。
ねぎまにささみ三兄弟。ささみの塩焼きにわさび、梅しそ、明太子をのっけて食べるという提案。昔からのオキニイリ。チーズを挟んだ焼いたはんぺん。フレイドポテトにケチャップたっぷりつけパクリ。ケチャップってなんでこんなにおいしいんだろう…、って思ったりした。金曜日。

 

関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

 

土曜日の夜、近所のティンフック。
ベトナム料理の小さなお店。長い間いってなくって、おかぁさんがさみしくしていないかなぁ…、と来てみた。
そしたら先客、二組。どちらも常連さんのようでほどよくにぎやかな夜。ホッとする。
今日は少々蒸し暑かった。
蒸し暑い日に食べたくなるのがここの春巻きそうめん。ベトナムの細いストレートな米の麺を茹でて軽く冷ましたのに葉っぱ野菜をたっぷりのっける。ヌクマム、スイートチリの冷たいタレをかけまわし揚げたばかりの揚げ春巻きをのっけて一緒に食べるというモノ。
シンプルなんだけどしみじみおいしい。ほのかにぬくい細い麺。票目はツルンとすべすべしててでも口の中ではモサモサふるまう。シャキシャキ葉っぱ、ザクッと壊れる揚げ春巻き。冷たいのじゃなくぬるいというのが体にやさしく食欲沸かす。

空芯菜を炒めてもらう。大きなにんにくと油の香りがペペロンチーノのようでおいしく、カレーの香りをまとわせ揚げた鶏のささ身もフワッと旨い。
今日のおすすめは?って聞いたらゴーヤと牛肉の炒め物。シャキシャキ、ゴーヤがほろ苦く牛肉、玉ねぎ、赤いパプリカ。玉子をフワッとさせてレタスの葉っぱの上にのっけた緑の料理。そしておいしい。確かに今日のような蒸した日には苦味と食感が体をキリッとしてくれる。暑い日には南の野菜の料理を食べる。そして元気になるってこと。
ここの人気の鳥カレー。ごめんなさいね、じゃがいもがなくなっちゃったのと鶏むね肉と人参大盛り。サラサラとしたスープのごときカレーがパラパラご飯と混じってお腹が満ちる。いい気持ち。

 

関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。