酢重の蕎麦に、ちとハマる

出張から東京に着き、お腹がグーッと合図する。お腹がすいた証です。
夕食時をちょっと外した遅めの時間に営業しているお店が少ない丸の内。居酒屋的に使える店は案外遅くまでやってるんだけど、一人でちゃちゃっと食事ができるお店はほとんど早仕舞い。
ちょっとブラブラ歩いて探すも結局、新丸ビルの地下にある「酢重正之楽」にすることにした。
極太のそばを独特の食べ方で食べさせてくれる店で一日にぎわっている。
中でも夜はボクと同じような考えの人が集まるのでしょうか…、ほぼ満席の状態がずっと続いているにぎやかさ。今日もちょっと表で待って、カウンターの一番奥の席をもらった。
コの字型のカウンターだけ。一番奥が厨房で、お店の人がコの字の内側をいったりきたりしながら料理を運んでく。ちょっとした酒の肴が揃ってて日本酒、焼酎の品揃えもかなり充実。一人で蕎麦前をたのしむ女性もちらりほらりと、大人のお店。

基本のそばは冷たい麺。それを具材を入れた熱々のつけダレに浸して食べるつけ麺スタイルか、蕎麦に直接具材をのせてタレを上からかけまわすぶっかけスタイルのどちらかで味わうメニュー。
極太の麺にはぶっかけスタイルの方があっているような気がしていつもそれにする。
何種類かあるトッピングはずっと大根おろしと海苔を選んでいたのだけれど、「肉薬味野菜そば」っていうのをみつけて、なんだか惹かれた。それに味玉、大根おろしものっけて具だくさんにして食べてみる。太い蕎麦ですから茹で時間がかなりかかるのでしょう…、蕎麦前をたのみたくなるほどたっぷり待って到着。

大きな丼。
手に持ってみるとずっしり重たく、これがお腹の中に入ってくるんだと思うとなんだかウキウキしてくる。
肉は豚バラ。ちょっと厚めに切ったのを甘辛味に煮込んでる。
脂はほどよく落ちていて、むっちりとした噛みごたえとさっぱりとした後口がよい。
野菜はキャベツにもやし、ニンジンを茹でてネギ油で和えたもの。
ラーメンの上にのっかっていそうな仕上がりで、これがおいしい。シャキシャキクシュクシュ歯ざわりがよく、茹でた状態がこれまたよくて野菜を食べてる…、って実感が湧く。きっちりしぼった大根おろしもたっぷりの海苔、煮玉子の相性がよく、太い麺にも負けないおいしさ。なるほどここの蕎麦はこうして食べるのがいいんだなぁ…、としみじみ思った。

醤油風味のタレは素直な味わいで、ひと味足りないようなそっけなさ。
実ははじめてたべたとき、この素っ気なさがちょっと苦手で好きになれなかったのだけど、油を含んだ具材と一緒に食べると口の中で味が整ってくる。
テーブルの上に置かれた辛味味噌や天かすを思いっきりたっぷりのせて、よくかき混ぜて食べるとこれがなかなかなもの。
ゴリゴリとしたたくましい麺。ズルズルすすりあげることが難儀でもぐもぐ噛んで味わうことになる。その噛み心地がおもしろく、噛めば噛むほどそばの風味や味がタレや具材と混じり合いおいしくなってく。
蕎麦湯を最後は注いでゴクリ。お腹もほっとあったかになる。さぁ、帰る。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメント

  1. Eiko

    なるほど!私も酢重はじめ、この太い蕎麦の美味しさをどこで感じたらよいモノか…と思っていましたが油と一緒に味わうと、ということなんですね~
    早く試してみたい!<渋谷ストリームの酢重はいつも空いていますw

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Eikoさん
      渋谷ストリームの吹きさらしの通路にポツンとある店ですよね。あのロケーションはあまりに辛い。向かい側のディーンアンドデルーカですら、さみしそうに見えてしまうほど。
      太い麺にどう味をのせるのか…、ということが一つのテーマになりますネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。