遊猿ランチにリアンの氷、夏の終りの荒木町の昼

午後から家で仕事の予定。
それで近所で昼ご飯。「遊猿」という中国料理のお店を選ぶ。
鉄板グリルが置かれた店で、夜は創意工夫に溢れる料理をたのしめる。昼の鉄板の上にはスープやカレーを入れた寸胴鍋が置かれて熱々状態を保ってる。
惣菜が食べ放題というのが人気の一つでもあり、テーブルの上にズラリ料理が10種類。野菜の料理が中心で、しかも葉っぱ野菜以外はすべてが千切り、細切り。取りやすい上、盛り付けやすくしかもキレイに盛り付けられる。10種類という料理の数もたのしく迷えて、でも迷いすぎないバリエーション。考えてるなぁ…、と来るたび感心。しかもおいしい。

最初にとったのは紫キャベツに豆もやし、ちくわと豆苗の和え物にキャロットラペ、オイスターソース味のスパゲッティ。
紫キャベツに花山椒があわさって渋みと甘みがひきたちおいしい。
なかでもオキニイリなのがスパゲッティ。作りたてじゃないのに多分、油がおいしいからでしょう。モサモサこつこつ、唾液をねだる。
味は上海焼きそばなんだけど中華麺とは違ったスパゲティの噛みごたえがあるのがなんだか不思議な味わい。
ここで一番人気のメインは「油淋鶏」。分厚いもも肉をバリバリになるまで揚げて、甘酸っぱいタレをたっぷりかける。タレの中には香り野菜が入って風味をさっぱりさせる。揚げもの…、なのに油を感じぬスッキリ味というのがありがたく、しかもご飯がすすむランチタイムにはうれしい一品。

友人と二人でやってきてメインをわける。もう一品は中華風の豚しゃぶで、まだほんのりとあったかい豚バラ肉のしゃぶしゃぶに麻辣タレを吸わせた大根おろしがドサッとのっかる。酸味もあって雲白肉片を食べてるみたいなたのしい味わい。
メインもおいしい。どちらも野菜をたっぷり食べることができ、しかもすっきりした味わいでいいんだけれど、なぜだかやっぱりスパゲティが恋しくて山椒味の紫キャベツと一緒にお代わり。ご飯のお供に具沢山のお味噌汁。クタクタに煮込んだ白菜、乾燥させたえのき茸。乾燥させたえのきを汁に入れて戻すと貝柱のような風味と旨味がでてくる。お腹が満ちます。お昼時。

 

関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

 

食後に近所でかき氷。
リアンっていうスナックの曲がり営業でやってる人気のかき氷屋さん。いつも行列だけど、平日は案外すんなり入れて今日もすんなり。
2種類のシロップを使って作る合掛け氷。ボクは「マンゴーヨーグルココ」と「はちみつイチヂクチーズ」の合掛け。ラッシーを含ませた氷の上にマンゴーのピュレ。ナタデココがトッピングというのがなつかしく、キュッキュと歯茎が痒くなるような食感にかつてのブームを思い出す。
もう一方はちぎったイチジク、クリームチーズ。胡椒を味のアクセントにした大人味のかき氷。個性的にてニッコリします。
友人がたのんだかき氷はずんだにミルク。ずんだの繊維が口の残って凍った和菓子を食べてるような感じがたのしい。体も冷えます。昼の〆。

 

関連ランキング:バー | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。