遊び心と確かな技術、なにより人柄おいしい洋食の店

熊本で昼。前から行きたかった店に来る。
「洋食の店橋本」という名前でアーケード商店街に面したビルの2階とある。ところが店へのアプローチがちょっと独特。便利な場所なのに隠れ家みたいな不思議な場所にワクワク期待が高まっていく。
入り口を入るとカウンター。中に厨房。奥に向かって広くなり、適度な間隔でテーブルクロスをまとったテーブルが置かれてる。
カウンターならご用意できますと言われて案内された席はカウンターの真ん中の席。目の前に火口があって仕事のすべてが見て取れる。厨房自体が小さくて隠すものなく素材の切りつけから仕込み、調理に仕上げまでが流れるように目の前で行われていくのに、もうウットリです。熟練のシェフもマダムも気さくでとても話し好き。前菜は野菜だけにいたしましょうか…、それともパテを召し上がれます?ってシェフに聞かれてパテもと答える。

豚肉とフォアグラを固めて仕上げた分厚いパテ。見るとフォアグラと豚肉の間に見事な牛たんがある。「おっ」と小さく声をあげたら「サービスしちゃいました」ってニッコリ応える。パテの下に白い花房のようなのがあり、カリフラワーがと思って食べるとサクサク固くて酸っぱい。なんとこれが晩白柚。しかも路地もの、若いもの。最初は乾いて散らかって噛むとジューシー。香りもおいしい。グリーンアスパラガスの甘みにエンダイブの軽い渋みに食欲湧かせ、プチトマトかと思ってものがニンジングラッセと知って仕事の見事を感じる。
旨味豊かでカレーの風味が独特のスープの浮身が南関あげ。とても単純なスープです…、って出されたサラダに茹でたシャキシャキの豆もやし。遊び心と期待を裏切る素材使いにメインの料理へのおいしい予感が膨らんでいく。

メインはビーフカツカレーをお願いしました。
牛ヒレ肉を分厚く切り分けパン粉をはたいて表面だけをカリッと焼く。
焼いたフライパンのまま、コンベクションに入れて芯まで熱を通して仕上げたモノ。
大きなお皿の真ん中にご飯をほんのひとつかみ、貼り付けそれを土台にカツをそっと置く。
焦げたパン粉の色や香りがおいしくて、喉がなります。
カレーは土鍋でグツグツしながらやってくる。
バターライスをたっぷり別に用意して、カツレツを置いた大皿に取り分けながらどうぞと、なかなか素敵な趣向。まずはカツをひと切れ食べる。
サクッとパン粉が壊れてスッとナイフが入る。その断面はきれいなロゼ色。そのまま食べると塩がしっかりほどこされていて肉の旨味や甘みが引き立つ。パン粉がカサカサ、奥歯をくすぐりあっという間に崩れて消える。パン粉で包んで焼き上げたステーキみたいな見事な味わい。

カレーは甘い。飴色玉ねぎの甘さが自然で、そこにスパイス、チャツネや刻んだ福神漬けを入れて仕上げているんだという。
オニオングラタンスープのチーズの代わりにカレースパイスを入れて仕上げたような味わい。サラサラしていて、強い旨味と甘みにハフハフ食べてると途端に体が熱くなり汗が頭の天辺からじんわり滲んで顔が汗だく。冷たいおしぼりで汗を拭きふき一口、そしてまたひと口と味わっていく。
ビーフカツにちょっとカレーをまとわすも、カツの塩味、パン粉の風味がゆるぎないのにびっくりします。上等なビーフカツをおかずに食べるカレーは乙でしかも贅沢。
デザートにもらったババロアにはブランデーがほんの少々。エスプレッソの粉が風味をそえる大人のお菓子。お腹の汗が収まるおゴチソウ。
それにしてもいい店です。日本中にある洋食店の中でもトップクラスのおいしさで、なによりお店の人たちのすがすがしいほどの働きとサービス精神はなかなか他にみないもの。また来てみましょう…、オキニイリ。

 

関連ランキング:洋食 | 通町筋駅水道町駅熊本城・市役所前駅

コメント

  1. 荒やん

    素晴らしい文章と素晴らしいお写真…
    読み進んで読み終えてしばし放心してしまいました…

    先月熊本にお邪魔する機会があったのですが、
    熊本という街の持つ魅力に酔い続けております。

    街の文化や雰囲気を形作る要素…
    人であったり、飲食店などのお店だと思うのですが、
    とにかく素敵な街だと感じる次第です。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      荒やんさん
      お褒めいただいてありがとうございます。
      …、といいますかおそらく橋本さんの素晴らしさがボクにお褒めいただいた文章を書かせたものと思います。
      熊本って人間味のある街だと思うんですネ。
      ほどよく都会で田舎の温かさも共存している。まだたくさんの素敵な店がまっているんだろうなぁと思うと、次に伺うのがたのしくてしょうがなくなります。

  2. koku

    おお、洋食橋本が! 大分に帰ったとき、いつも行けるわけじゃありませんが時間があると三時間クルマを飛ばしてお店まで行きます。この数年はなかなか行けてなくて、榊さんに嫉妬します(笑
    和牛ヒレカツカレーは絶品ですが、シェフの気まぐれがこれまた素晴らしい。ここはカレーでも絶対コースを頼むべきですね。このお店がもし白金あたりで小綺麗なフレンチとして出したら、フーディーとかいう893集団があっという間に囲いこんで大半の一般大衆は「予約すら取れない=行けないのだから実質、存在しない店」になってしまうでしょうが、地方で地元の人のための「洋食屋」を貫くところが大好きです。このお肉をカツレツにしちゃう?って最初はびっくりしましたが、それでこのお値段ですからかなり良心的。東京だと倍は取るでしょう。
    九州には同じようなお店が他にもたくさんあります。若い頃はこんな田舎なんてと思っていましたが、上京して二十数年、都内の有名無名問わずここが美味い、ここのサービスは一級と言われれば行って食べてきましたが、まあ・・・かなりの勉強代を払いました。特にサービス面では、形と値段だけは素晴らしい氷河のような接客に何度心を冷やしたことか。どんだけ自分が愚かだったか身に沁みてます。それ以前に最近では休日に予約が取れない、もしくはひと目見て諦める行列の店が増えましたから、東京にいても金持ちのリタイヤ組と定年退職者と有閑マダム以外は実はあまりメリットないんですよね。久々に望郷の念が・・・ああ早く東京から脱出して九州に帰りたいよぅorz お仕事がんばろっ(>﹏<)

  3. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    kokuさん
    このお店の話をしはじめると、思わず熱がこもっちゃいますよね。食べている間は人を寡黙にさせ、食べ終わってから途端に饒舌が湧き上がってくる料理は本物。こんなお店は東京に持ってきちゃいかん。東京は本物のお店をただの有名店に堕落させてしまう魔窟みたいな場所ですものね。
    カウンターでシェフの仕事を見ていると、この人は本当に素材を扱うことが大好きで、料理で人をよろこばせることに一生懸命な方なんだなぁ…、としみじみ思う。おっしゃるように、今度来たらシェフの気まぐれを食べたいなぁと思いました。気まぐれを大いに発揮して頂いて、夜の開店から閉店まで居座りたくなる、そんな魅力に溢れたお店。すばらしいと思いました。

  4. 。けいたろう

    おいしさは
    お写真からでも伝わります♪

    おいしいお店は日本の宝ですね。

    お家ごはんは最高だけれど
    お外ごはんも
    お店の方が安心して
    営業してくださるよう
    足を運んで楽しみたいと思いました。

    それにしても
    土鍋グツグツカレーのおいしそうなこと♪

    おいしいお知らせ
    ありがとうございます。
    元気になります。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      。けいたろうさん
      家でくつろいで食べる食事は格別ですよね。
      ボクも週末はなるべく家で食事をするようにしています。ただ自分で自分のために料理を作ると、自分の好みの味付けでいつも同じようなものばかり作ってしまう。
      プロに作ってもらう料理は、自分のためだけに作ってもらっているものではないのだけれど、だからこそ、新しい発見やおどろきに満ち溢れていていいもんだなぁ…、って思います。
      今のような時期だからこそ、近所のお店を大切にしなくちゃなぁっても思いますね。おいしいモノは元気をくれる。元気になればいつもの料理もおいしく感じるものですものね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。