通常モードじゃないときにこそ…。

それにしても台風直撃の影響はじんわり翌日の今日までしみ出し、特に飲食店は開店準備が整わず12時開店というところが多かった。
11時。あるいは11時半にはいつもあいてるはずのお店のドアやシャッターに「台風の影響で12時開店にさせていただきます」という貼り紙みつけて、あぁ、大変だとしみじみ思う。
さて秋葉原。定点観測の場、カールスジュニアにやってきた。
いつもは9時からあいてる店です。ところが今日は11時半を過ぎた時間というのにロールスクリーンが降りたまま。ここも他の多くの店と同じなんだなと思うもどこにもノーティスがない。
まさか潰れてしまったんじゃあるまいなぁ…、とスクリーンの隙間から中を覗くとお店の人が開店準備をしている最中。
通りを歩く人も、一体どうなっているんだろう…、と店の前で立ち止まって中を覗いていたりする。
現場はこういうことに不慣れで気づかずいつもように仕事をしている。気づかぬスタッフに店を任せているということがわかっているなら、本部が指示を出せばいいんだろうけど、そういう配慮もできない人たちが経営しているんだと思うと、ここの不調はコンセプトだとか立地だとか、価格政策だとかと違ったところに理由があるんだろうなぁと思ったりした。

先を急ぐ用事もなくて、それで近所で店が開くのを待つことにした。
12時を過ぎても店があく気配はなく、もしかしたら穏当に潰れちゃったのかもしれない…、って思ったところでめでたく開店。
時間は12時10分でした。
店に入るとぽつりぽつりとお客様はやってくるも、そのほとんどが日本人じゃないってところにビックリしちゃう。

カールスジュニアの看板メニュー、スーパースターをたのんでフレンチフライのSサイズにドリンクバーがついたセットをつけて待つ。
準備万端での開店だったからなんでしょう…、それほど待たずにやってくる。取りに行くのじゃなくてお店の人がもってきてくれるんだからファストフードの姿じゃなくて、先払いレストランのような店でも良かったんじゃないかと思う。

だって商品はおいしいもの。このハンバーガーよりずっと貧相でおいしくもないモノに1000円を超える価格を平気でつけるカフェが結構あって、しかも繁盛してたりするのが不思議になっちゃうほどにおいしい。
パテは肉の匂いがするし風味豊かで噛みごたえもある。レタスなんてアクザク歯切れてみずみずしくてトマトもオニオンもどれも見事なおいしさ、風味。フレンチフライもサクッとおいしい。
ドリンクバーはお代わり自由。なのにカップはSMLと区別があってフレンチフライをSサイズにするとカップもS。テイクアウトを基準にルールが決まってるんだと思うもやっぱり不便。もったいないなとしみじみ思う。もったいない。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

 

ちなみにカールスジュニアがいつ開店するか監視するためいたのが向かい側にあるエクセルシオールカフェ。
ブラッドオレンジジュースをたのんで、ハンバーガーを食べることが決まっていたからそれでよし…、だったんだけどまだ朝食メニューがおかれてて、それでジャンボンハムレタスサンドを選んでたのむ。
ジャンボンって言葉に弱いのでございます。
たのんだあとで、本当はもう朝食メニューの時間は終わっていたってわかって、でももう料理は作りはじめちゃっててしょうがないねってことになった。申し訳ないけどしょうがない(笑)。
ロースハムにソーセージ、サラミと具材たっぷり層をなし、噛むのにちょっとひと難儀。
それにしても系列店のドトールコーヒーのお皿やグラスにはしっかりロゴが入っているのにここでは紙ナプキンだけにロゴが見つかる。こちらの方が上等バージョン。本来ならば逆が当然なのに規模が小さいエクセルシオールが苦労している…、というコトかしら。どうだろう。

コメント

  1. ちい

    ターミナル駅のちょっと大きい本屋さんに行きました。ずいぶん久しぶりのことです。品揃えがよくて、行くのが楽しみな場所でした。
    たまたまなのでしょうが、バックヤードから店員さんたちの打ち合わせではない大きな声がフロア中に響いていました。フロアに出て行くスタッフは「いらっしゃいませ」とわたくしたち客に挨拶していきます。笑顔も素敵。
    でもどうしても納得できない。あんなに明け透けに話していて、扉のすぐそばに客がいるかもしれないとは思わないのか。想像力と教育の欠如か。買わずに出てきてしまいました。
    どんなところでも支払いに応じたサービスを受けたいと思います。高くてもいい。納得できればそれでいい。
    店を出るとき伝えるかどうか迷ってそのまま出てきてしまいました。自分の弱さにも情けなさを味わった1日でした。
    もうちょっと凛とありたいです。難しい。クレームにならないように伝えるのはホントに難しい。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ちいさん
      社会の中に生きている。
      それはすなわち、見られながら生きているというコトなのですよね。お客様も見られている。お店の人も見られてる。だからすべてが「お互い様」で、互いが互いのことを意識しながらゴキゲンに働いたり、生活したりすることができればいいのですけれどいつもそのようい振る舞うことはとてもむつかしい。
      無意識におこなったちょっとしたことがその場の空気を壊してしまうこと。ボクもときおりそのようなことをしてしまっているんだろうなぁ…、としみじみ思います。
      どのように伝えるのがいいのでしょう…、考えてみたいと思います。

  2. ちい

    コメントを入れたときは、自分を正義のように感じていました。正しいことを言うのに何を躊躇していたのだろうと。
    改めて思い返すと、確かに近くにいた自分は不愉快だったのだけど、でも場所はバックヤードだったんだよな。
    明け透けであったけど、でもちゃんと挨拶してくれたよな。
    頭に血が上った状態で物を言わずに済んで良かったと思いました。
    こちらで言うことでもなかったと思いました。場を荒らしてしまったようで申し訳ありませんでした。
    自分の機嫌は自分でとる。機嫌よく過ごせるよう精進します。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ちいさん
      文句と意見。その違いはとても微妙で、ボクも自分の意見がただの面倒くさいクレームじゃないかといつも考えるようにしています。でも言いたいことはやっぱり言わないと気がすまないたちで、言葉に出す前に深呼吸を忘れないようにしてはいます。
      でも、ブログとかSNSのような場所では深呼吸することはむつかしい。ゴキゲンを忘れないように…、と自戒いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。