途中下車にて浜松鰻、クラシカロイド

fuji-yakifuji-zaku岐阜羽島から東京行の新幹線にのり、なんと浜松で途中下車。
会食にお呼ばれしてて、下車というより喜び勇んで飛び降りる…、って感じでござる。
新幹線口の駅前にある「藤田」という店。
料理の内容は現地のホストにおまかせで、しかも持ち込みシャンパン開ける。

うざくに肝焼き。
鰻の店で酒を飲むとき、まずは食卓の上に並ぶ料理でつつがなく。
鰻屋には丼でチャチャッと腹を満たすタイプと、焼き上がりまでをジックリ酒を飲んでたのしむタイプに分かれる。鰻の焼ける匂いさえもが、おいしい酒の肴になるので「飲んでたのしむ」のたのしいコト。クシュッと蒲焼きが潰れて脂が滲み出し、それをキュウリがシャキッと拭う。こんがり焦げて、口の中がほろ苦くなる肝焼きは一口ごとにお酒をねだる。オゴチソウ。

fuji-wasafuji-tenpurafuji-maki

肝を使ったおつまみメニューが多彩なお店と、それであれこれ。
例えば肝わさ。ポッテリとした肝そのものは小さなフォアグラ。口の中でとろける感じがとても上等。醤油やわさびを漬けずとも、それそのものの軽い塩味と強い旨みでおいしく感じる。管の部分はクニュクニュ、スベスベ。貝の紐を食べてるみたいな弾力たのしい。
肝の天ぷらとは初めて食べる。サクッと揚がった天ぷら衣とトロリとろける肝のなめらか、ほろ苦さ。一緒になるとボンッと爆発するようで、体の中に元気がみなぎる。それに比べればうまきはとてもおだやかで、ほっとするほどやさしい味わい。

fuji-chadukefuji-chaこういう料理に合わせるとした、どんなお酒がいいのかなぁ…。
ワインならば赤なんだろうか、白なんだろうか。
甘みがあった方がおいしく感じるだろうし、だったらやっぱり日本酒だな…、と思って納得。
料理とお酒は共に発達しつつ、互いを完成させ合うのでしょう。

話もはずんで、そろそろ〆をと鰻茶をたのむ。
鰻茶とは言え、大きなお膳に鰻の蒲焼き。
ご飯の入ったおひつにあられ、わさびと薬味が豊富に揃い、土瓶にお出汁。それから漬物でひと揃え。

鰻の蒲焼きをつまみに残ったお酒をたのしむ。
ふっくらしてはいるけれど、江戸前鰻ほどはホロッとやわらかくなく、上方鰻と江戸前鰻の中間的なほどよき状態。
タレは甘めで香ばしい。

お腹がちょっと張ってきて、ご飯を食べずともしのげそうではあったけどご飯を少々。鰻をのっけて出汁をはる。そしてサラサラ。
鰻ご飯ともうな重とかともまるで違ったおいしさがある。鰻の脂がご飯にからみご飯そのものがスルスル滑る。そのスルスルを出汁が手助け。あっという間に口の中からご飯がなくなる。鰻の蒲焼きとタレの名残が口の中にずっと残って、お腹をポカッとあっためる。
お腹の具合に合わせていろんな食べ方できるこの〆料理。いいなと思った、オキニイリ。

 

関連ランキング:うなぎ | 浜松駅新浜松駅第一通り駅

 

classica1classica2食事の途中でたまたまとあるアニメの話になった。
NHKのEテレで今やっている「クラシカロイド」っていうアニメの話。
ベートーベンやモーツァルト、ブラームスなどかつての名作曲家が現代に蘇っていろんなコトをしでかすとんでもコメディー。
おそまつさんのチームが作っているので、そのはちゃめちゃも堂に入ったもの。しかもその舞台がなんと浜松。
音楽の街だからというコトなのでしょうネ…、ベートーベンが餃子をずっと焼いていたりする(笑)。
実は近所に、その舞台になったバーがあるんですというので訪ねる。

駅から5分。朽ち果てたアーケード街の中にポツリと一軒だけが営業中でお店の名前は「バー・ラウンブリンボーイ」。
酒の揃え方、店の雰囲気、バーテンダーの立ち居振る舞い、お客様との接し方。どれもが見事で感心しました。酔っ払う。

 

関連ランキング:バー | 新浜松駅浜松駅第一通り駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。