近江屋洋菓子店でサンタさんと朝

神田でちょっと打ち合わせ。丸ノ内線で淡路町までやってくる。
昼、淡路町で降りるというのは神田まつやで蕎麦というコト。朝の淡路町は近江屋洋菓子店で朝食をとるというコトでもある。
テントや看板が目立つ位置にあるでなく、ぼんやり通り過ぎるとオフィスビルのロビーとかショールームのように見えちゃう地味な外観。でも次々とお客様が吸い込まれていき、紙袋をもって出てくる。
洋菓子、パンがおいしい店で、しかもどれもが昭和の贅沢を残した仕上がり。
バゲットだとかカンパーニュなんて私共まるで存じ上げませんことよ…、って感じの棚にニッコリします。昔のパン屋さんってみんなこんな感じだったとニコニコしながら品定め。サンタさんが棚の上でにんまり笑ってらっしゃった。

お店の奥にイートインが用意されてる。この店のため作られた昭和モダンな椅子やテーブル。椅子はすべて足が高いのに座り心地がよくて背筋ものびる。
売り場でパンやケーキを買って700円ほど追加するとそのイートインで食事ができて、ドリンクバーがついてくる。
そのドリンクバーのステキなコト。まずケーキ用に仕入れた果物をジュースにしたもの。ビーフと野菜のスープにココア、コーヒー、ミルクに紅茶が揃う。どれもが選びたい放題で食べたい放題。ありがたい。
今日のジュースが三種類。パイナップルの甘いこと。キウイは苦くてつぶつぶしてていちごはサラッと甘み、酸味のバランスが良い。果物以外に入っているのは水だけで、果物を飲んでる…、って素直に感じる。目が覚める。

スープの中にはキャベツににんじんがたっぷりはいる。
牛肉をコトコト煮込んでやわらかくして、その味、風味でスープの味がキチンと整う。
好みで塩や胡椒をかけてと大きな器に用意されてて、体をあっためてやりましょう…、と胡椒をたっぷりかけたら鼻を直撃。
ベクシュイって思いっきりくしゃみが飛び出す。
頭がちょっとスッキリします。
ココアが入ったフラスコに金属製のボールが沈んで、それが磁石でグルグルずっと回されている。ココアの粉末がたまらぬようにという工夫。面白くってしばらくずっと見て目を回す(笑)。
パンは2種類。レモンパンと玉子とベーコンのロールサンドをえらんで買った。

さっくりとした歯切れ感がおいしいロールブレッドにススっとスリット。中にたっぷりスクランブルエッグとグリルベーコンが詰め込まれている。噛むとクシュッとパンが縮んでちぎれつつ、スクランブルエッグが吸い込んだバターの香りとみずみずしさに口が潤う。焼けたベーコンの香りもおいしく、お腹以上に気持ちが満ちる。
そしてレモンパンのおいしいコト。メロンパンのメロンの代わりにレモンカードをたっぷりのっけた…、って感じの仕上がり。酸っぱく甘く、香りさわやか。パンの端がサブレ状にやけてサクサク。トロンととろけるレモンカードの味をひきたて大人味。オキニイリです、打ち合わせ。

 

関連ランキング:ケーキ | 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。