近所の香港、新記のゴチソウ

sinkisinki 1000夜、ひさしぶりに新記を選ぶ。
四谷三丁目の交差点にある気軽な香港。
そんな感じの香港料理のお店であります。
昔はスゴく頻繁にやってきていて、今日がひさしぶりになっちゃったのは、近所にいかなきゃいけないお店が増えてきちゃったから。
例えば同じ中国料理の「木蘭」に一時期熱中しててそれで、ひさしぶり。

お店に入ったときにはわりと静かだったけど、続々お客様がやってきてほぼ満席のニギヤカサ。
まず小さなお皿の定番料理。3つ選んで1000円というお酒のお供。
揚げワンタンに大根餅はいつも必ずたのむ料理。
エビのすり身がタップリ入って、口の中で揚がったワンタンがパリパリ砕ける。ムチュンと歯切れるエビのすり身がなんともおいしい。
同じエビのすり身を使った料理を今日はたのんでみようと、角切りにした食パンで覆って揚げた海老揚げ団子。同じすり身がパン粉のサクサクした食感と一緒になると一層ムチムチ、粘った感じがするのがたのしい。大根餅はあっという間になくなっちゃうのが切なくなるようなオキニイリ。

sinki n1sinki n2sinki n3

香港麺が売り物の店で、今日はちょっと変わったメニューを発見します。
シンガポール風の牛肉カレー麺という名前。
どんな料理かと思ってたのんでみたら、なんとラクサでござった。鶏がらスープにココナツミルク。それにカレーとチリが入ったエキゾチックな味わいの麺。普通は卵麺で作るところ、香港麺で仕立ててる。しかもじっくり煮こまれてトロトロになった牛すじ肉がタップリ入って、揚げたゆで玉子にパクチーどっさり。丼から立ち上がる香りもきわめてシンガポール的。

sinki tasinki tamago羽田から、キャセイパシフィックにのったはずなのに、シンガポールエアラインだったってそんな感じのオゴチソウ。
ザクザク歯切れる香港麺に、ココナツミルクの甘味とカレーの辛味に風味が南国的なる味わいとなる。
今の季節にいい感じ。

麺のお供に玉子かけご飯をたのんで食べる。
と言っても中国的なる玉子とご飯の合体料理で、玉子は生じゃなくて炒めたモノ。
牛肉をオイスターソースで炒めたモノと玉子でとじる。

玉子の中には鶏がらスープ。
タップリの油を玉子に吸い込ませつつ、ふっくら、シットリ焼き上げてご飯の上にポッテリのっける。
天津飯というよりもオムライス寄り。
ご飯は白いご飯で、炒めた玉子の味だけで味がしっかりついていく。
それだけ玉子に味が入っているというコト。油をすった半熟卵のトロリ、ネットリなめらかなことにもうっとりします。
自家製のラー油をかけて食べると味にクッキリ、明るい輪郭がついていくのもオモシロイ。

sinki butasinki gairan豚肉料理をご飯のお供にひとつたのんだ。
脂ののったバラ肉をぶつ切りにして、塩と油、それからエビの玉子の旨味で蒸し上げたモノ。

テーブルにやってきた途端、半径3メートルほどが香港の裏路地みたいな香りになった。
かなり強烈。
塩もビリっときいていて、豚肉の味、エビの旨味と口の中が一気に騒々しくなる。卵ご飯の上にのっけて、一緒に食べると、まぁ、おいしい。スプーンが止まらぬオゴチソウ。
塩で炒めた芥蘭菜の軽い渋みとザクザク歯切れる食感がよきアクセントの夜といたした。オキニイリ。

 

関連ランキング:飲茶・点心 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

コメント

  1. 茶碗交番

    騒音公害、非常に危険と云われても、香港人には啓徳空港は懐かしいのでしょうか?

    新記の階段踊り場に貼ってある747の車輪には洗濯物は引っ掛かっていませんが、十代の私は先輩からの「たまに引っ掛かっているんだ!」を信じていました(笑)

    澳門GP観戦で知遇を得た「葉 徳利 テディ イップ」さん(スタンレー ホー義弟)は「マカオF-1博物館」「マカオ ワイン博物館」両館主でもありました。

    イップさんの想いで「徳利賽車隊 セオドールレーシング」のステッカーは中華料理絡みで「の弥七」さんのワインセラーと「桃の木」さんの入口に悪戯で貼っておきました(笑)

  2. サカキシンイチロウ

    茶碗交番さん
    いまだに、なんでカイタック空港をなくしてしまったんだろう…、って残念に思います。
    アジアに咲いた徒花のような妖しい街にふさわしい空の玄関。
    ロールスロイスのお出迎えもあの飛行場でこそ映えるように思います。

  3. 茶碗交番

    そのRR群 のお出迎えの中でも一際目立つNo.「HK-1」は「スタンレー ホー」の愛車

    実物はドラキュラ俳優のクリストファー リーに似てました!

    • サカキシンイチロウ

      茶碗交番さん
      東洋のカジノ王…、今のマカオをどう思ってらっしゃるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。