路地の王様でとん丼とん汁のちマキアート

新宿で昼。「王ろじ」に来る。
ランチタイムだけだけど休まずやってくれている。朝11時15分から14時半まで。開店ちょっと前に来てみればもう営業中でそのまま入店。そして着席。ありがたい。
創業大正10年の店。1921年ということですから、来年100歳。すごいこと。
「昔ながらのあたらしい味」というキャッチフレーズがボクは好き。一等地の大通りでなく「路地」の王様になりたいからと、王ろじとつけた名前もボクは好き。
ここでいつもたのむのは「とん丼」と「とん汁」。どちらもここの名物にしてオリジナル。とん丼の商品名に「カツカレー」と但書があり確かにご飯にカレーをかけてとんかつ乗せる。ただお皿ではなくそれが丼に入っているから「とん丼」という。はじめて食べたときには、アレって思った。

まずとんかつが独特です。
最近はフワッと軽い衣が主流。
けれどここのはがっしりとしてザクザク壊れる頑丈なもの。
スジを丁寧に抜いた豚肉を丸めるように筒状にして揚げているから、スプーンで壊れる。
脂はほとんどなくて味わいさっぱりしていて、衣を食べてるって感じがたのしい。

カレーはひと味足りないのです。
辛さはほどほど。旨味も弱い。カレーというよりカレー風味のあったかいソースがかかっているようで、おそらくとんかつがあくまで主役だからということなんでしょう。そこにソースをたっぷりかける。すっきりとした酸味と野菜の甘み、そして旨味がしっかりとしたソースでそれに芥子を混ぜる。それで好みの味に整っていく。今日もおいしくなりました。

大きな丼にたっぷりはいってやってくるここのとん汁。作り方が独特で、まずベーコンと玉ねぎ、しいたけを手鍋で炒める。油と一緒にこんがりと。ベーコンの脂が滲んで小さくなって、玉ねぎが軽く焦げたらそこに出汁。豆腐を入れて味噌をとく。麦味噌を濾さずにそのまま。だから麦のつぶつぶが残って仕上がる。その食感と喉越しが特別感を引き立てる。
玉ねぎはシャキシャキとして豆腐はなめらか。焼いたベーコンの香りがどこか西洋的でとん汁というより味噌風味のベーコンスープのような感覚。オモシロイ。王ろじ漬けっていう薄切り大根とピーマンの麹漬けもシャキシャキおいしい。よき口直し。ここに来ると必ず丼の上をもって持ち上げてみる。下皿と丼本体がくっついて焼き上がっているここの丼。小さなこだわり、大きな違い。たのしみました、お昼時。

 

関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

 

食後にセガフレードザネッティ。おひさしぶりのお店です。
一階にカウンター。エスプレッソマシンやショーケースがならんで開放的なムードが特徴。
ただ今の時期にこのオープンさがいろいろ厄介なところがあるんでしょう。ビニールの壁がグルリと仕切のようになっている。今しばらくの我慢なんだなぁ…、としみじみ思う。
いつものようにマキアートをたのんで一緒に甘いもの。ショーケースの中にイチゴのパンナコッタがあって、真っ赤なゼリーの中に浮遊するイチゴがボクを手招きしました。
思った以上に甘くてなめらか。くっきりとした酸味もおいしく濃厚味のマキアートとの相性もよし。
それにしてもここのエスプレッソのおいしいこと。甘くて苦くて酸味はおだやか。スティームミルクと一緒になると苦味がふくらみふくよかになる。後味がすっきりするのもオキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。