赤坂のホノルル、長寿庵のかつそば

赤坂見附に移動して打ち合わせのあと、昼を蕎麦。
赤坂は蕎麦屋がたくさんある街で、しかも高級なのから立喰まで多彩な蕎麦屋が揃っているのが特徴でもある。
中でもオキニイリのお店が何軒かあり、その中の一軒。
長寿庵にやってきてみる。ひさしぶり。
東京中に系列の店がたくさんあって、ここ赤坂にももう一軒ある。そちらが実は本店でこちらは支店。なぜだか支店のココのほうが気持ち落ち着く。小さくて、偉そうじゃなくしかも表通りから奥まったロケーションがしみじみしていい。玄関脇に福助さんが座っててそこに小銭が置かれているのがほのぼのしていてオキニイリ。
ここで一番のオキニイリが「かつそば」で今日もそれ。あまり他のお店でみない、だからここではほとんどこれ。

ほどよき厚さのとんかつを玉子でとじて蕎麦にのっける。かつ丼の頭を熱い汁そばにのっけた商品。天丼の頭を乗せたら天ぷらそば。親子丼の頭をのせれば親子とじそば。カレー丼はカレーそばに生まれ変わって当然なのに、なぜだかかつ丼だけは蕎麦と交わらぬ孤高の存在。原理は共通…、だから考えていても良さそうなもの。それを阻む何かがあったのでありましょう。
ちなみにこれは名作です。甘辛のタレで煮込まれた豚肉もうまければ汁を含んだパン粉衣がトロンととろけてなんとも旨い。天ぷら以上に香ばしく、その香ばしさが汁に混じって脂が旨い。汁の一滴も残すことがでいないほどにオキニイリにて、お腹も満ちる。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

 

それからホノルルコーヒーカンパニー。好きな店です。のんびりしている。ほのぼのしてもいて、ホノルルののどかな空気が漂ってるような気持ちにもなる。
ただ今朝はちょっと人が多くてせわしなかった。
近所でなにやらネットワークビジネス系のミーティングがあるようで、大のおとなが互いにニックネームで挨拶してたりするのにちょっと笑った。
甘いマカデミアナッツの香りが漂う。ちょうどホノルルのロイヤルハワイアンセンターあたりを歩いて感じるような香りに、気持ちがちょっと切なくなった。そのマカデミアナッツの香りが漂うコーヒーにサンドイッチをお供に朝食。

デニッシュ生地の食パンでツナサラダを挟んで作ったサンドイッチ。パンが分厚く、前歯にしたたか最初は抵抗。力を入れるとボロっと崩れて口の中へとやってくる。
バターをたっぷり含んで焼けたパンで唾液を含んでどんどんとろける。
ツナサラダが含んだマヨネーズとツナの脂が混じってますますとろけていくのにウットリします。パンそのものがほのかに甘く、ツナの塩気がまじって旨味に変わっていくのがオモシロイ。口の中がとろけや旨味が溢れ出しそうになるのをマカデミアナッツコーヒーを含んでスッキリさせる。のんびりのんびり、今日の仕事の頭の準備をいたしましょう。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。