貴州大飯店で辛子夜鳴麺を食べる…、美味なり!

昼、古川の不思議レストラン「貴州大飯店」にやってくる。
実は最近、昔の日記を見返していてこの店のコトを書いた日記を見つけた。5年前の冬の日記で地元の人の「びっくりしないでくださいよ」って言われて連れてこられたんだ…、って書いてあった。あぁ、そういうこともあったよなぁとなつかしく思いながら今日来てみるとかつての通りに、やっているのかやっていないのかにわかにわから外観で、ところが中に入ると案外にぎやか。
8台ほどある円卓は半分ほど埋まってて、ボクたちの後にも3組ほどがやってくる。お店の人が「時間がかかると思いますがご容赦を」という。重々承知でございます…、と答えてのんびり待つことにする。
厨房の中にご主人、奥さんがホールで料理を運びもてなす。お客様がニコニコしながら料理を待ってるとなんとものどかで幸せな空間。

坦々麺をたのんでセットにすると春巻きと杏仁豆腐がついてくる。
一人づつ小さなお皿に色美しき盛り付けでバリっと揚がった上等な春巻き。オイスターソース味整えられた餡がぽってりとろけ出し、ザクザク壊れる生地とまとまり口いっぱいをにぎやかす。香りが中国、けれど決して押し付けがましくないのがおいしい。
みんなで分けようと焼きそばをとる。バリバリに焼いた好みの仕上がりの麺。焦げていないところはフカっとほどよい弾力。エビに豚肉、飾り切りしたイカに野菜がたっぷり入り、塩とスープとオイスターソースで味が整う。メインの坦々麺がやってくるのがわかっていながら食べ始めると止まらない。

ちなみに円卓の上には予約宴会の告知のポップ。
ヌーベルシノワを5000円から3万円でとなかなか攻めた内容で、でも気持ちがのらないと予約を受けてくれないんです…、って。
マイペースなことにニッコリ。

そしてメインの到着です。
ぽってりでなくサラッと仕上がるスープの中に軽く縮れた細めの麺。スープの上には手切りでミンチにした肉の味噌。刻んだネギにレタスの湯引きが乗っかっている。
ちなみにここの担々麺。
メニューには「辛子夜鳴麺」と記されている。天秤棒で七輪と鍋、麺や調味料を吊るし担いで売ったのが担々麺という名前の由来。それを日本の文化に沿って訳せばなるほど、夜鳴きそばの売り方だなぁ…、って関心します。さて食べる。

まずスープだけを飲む。ビリリと辛い。胡麻やピーナツが主張するでなく、すっきりとした辛味が口にやってきてあっという間に通り過ぎお腹をカーッとあっためる。その辛さがちょっと独特でもうひとくち、また一口と辛さの正体を見極めようと飲み続けちゃう。
そのうち肉味噌が散らかりスープに味噌の風味や脂のコクが混じってく。すると旨辛味にスープが育つ。麺への絡みもよくなって、あぁ、担々麺だと頭と口が納得する。その味わいは刺激的。けれど喉越し、舌触りはなめらか。シャキシャキのネギがほどよきアクセントになり、あっという間に丼の中は空っぽになる。
デザートの杏仁豆腐も本格的。愛らしいガラスの器に下皿付き。こういうところに手を抜かず上等な料理と時間をたのしませてくれる。いい店だなぁ…、と5年ぶりの再来たのしむ。おゴチソウ。

 

関連ランキング:中華料理 | 塚目駅古川駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。