貝の寿司を食べ、煮干しのラーメン

打ち合わせをして軽く昼食。
寿司をつまみます。
ボクが貝が好きだということを知ってて貝がメインのひと皿。
ホッキにつぶ貝、それからアワビ。
どれもがついさっきまで活きてた貝です。
厚み、大きさ、色艶もいい。
ホッキはネットリ。
バリバリ砕けるつぶ貝は噛んでるうちにどんどんとろけて、粘って消える。
アワビはコリッと端の部分が砕けてとろける。磯の香りに鉄分、ミネラル、軽い渋みも後口がよい。鯛の握りはむっちりと。寿司を食べつつ、これからどういう料理が流行るんだろう…、とあんなこととかこんなこととか次々アイディア湧いてきて、みんなでたのしく盛り上がる。

 

関連ランキング:とんかつ | 古川

 

寿司を食べるとあったかいものがたべたくなっちゃう。
できれば麺類をズルズルンとお腹の中におさめたくなり、それで「マル寛そばや」という店にくる。
実は仕事の話をしながら寿司をつまんだお店の隣。
敷地つながりにある店で、大きな看板。大きなのれんがひらりひらりと手招きするようなおいしい姿、佇まい。
お店の中に入るとまず、いろんな種類のいりこが入った箱が並んで出迎える。いりこ系のスープのラーメンが売りのお店で、お店の中にはいりこのおいしい香りがしてる。注文をして、さて水をとテーブルの横をみると大きなウォータータンクが置かれてて自分でグラスに注いで飲むという仕組み。ピクニックとか屋台にきているような感じがオモシロイ。

濃口醤油、薄口醤油とラーメンスープは大きく2種類。
濃口醤油のスープを選び、脂の量でこってり、あっさりとまた2種類。
あっさり選んで作ってもらう。
ワンタンもあるというのでトッピング。
濃い口あっさりワンタン麺がまもなく到着。やってくる。
スープはクリアで濁りなく、濃口醤油ならではの深い醤油の色と香りが食欲さそう。
ポツリポツリと小さな脂が浮いてはいるけどそれも少量。チャーシュー、ワンタン、メンマに海苔、それからネギと具材はシンプル。
スープを飲んでみるとスッキリ。いりこの香りはするけれど決してそれが主張することなくごくごく飲んでしまえるほどにさっぱりしてる。麺は細めのストレート麺。細いけれどもざっくり歯切れ、芯を軽く感じる硬さ。しかも時間がたっても伸びることなくずっとコシをたもってる。かなり鍛え上げられているのでしょうネ…、なかなかうまい。

ワンタンの皮は若干厚く、歯ごたえがある。ツルンと皮はなめらかで口に入れるとプルプル揺れる。オモシロイのがワンタンの皮で包まれた中身はなんとイワシのすり身。魚の香りと軽い渋みとエグみがおいしい。生姜の香りもおゴチソウ。
茹でて仕上げたチャーシューはザクッと歯切れて肉の繊維がはらりとほぐれる。胡椒をたっぷりかけて香りと辛味をたして、ズルズルゴクゴク。お腹がたちまち温まる。

 

関連ランキング:ラーメン | 古川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。