試食の焼肉、夜食のマック

熊本の「熊一」という焼肉店でランチの試食。
1500円前後でお腹いっぱい…、がテーマのランチ。
まもなくリニューアルというのでそれに先がけありつくシアワセ。
ガスのコンロの上に頑丈な網状鉄板を置き、焼くというスタイルで肉の下ごしらえの丁寧さと、タレに自信のあるお店。例えば「短冊牛タン」なんてのがある。
牛タンを小口切りにするのでなく、縦に薄切りしたもので、その形状がまるで短冊。塩ダレまとわせレアに焼く。薄いけれども面積大きく、口に押し込むように頬張る。口の中がタンでいっぱいになる圧倒的な量感に、ザクザク歯切れる存在感。旨みたっぷりの肉汁もおびただしくてビックリします。

和牛の中落ち。
ぶつ切りにして醤油風味にタレを揉み込みこんがりと焼く。
噛むとクチャっと肉が潰れる。
脂がひんやり、口の温度を一瞬下げて、ゆっくりとろける。
焦げたタレの香ばしさに脂の甘みが混じってうまい。

牛の前足の付け根のブリスケット。
ひきしまっていて硬いのだけど、よく運動している部位だからこその強い旨みが特徴の肉。
蒸したり茹でたりでやわらかくして食べることが多い部分を薄切りにして炙って食べる。
網に乗せるとクシュっと縮んで脂が白く透き通る。
繊維がほどけて散らかる食感。噛めば噛むほどに旨味が滲んでおいしくなって行くのがたのしい。
角切りカルビも味わい濃厚。ご飯に合うのがオゴチソウ。口をさっぱりさせるサラダに、一口目には甘いのに後からヒリヒリ、辛さが広がるキムチもうまい。これだけの技術と経験があるならば、もっと上手く振る舞うことができるのだろうけど、ただただ普通に「旨くあり続ける」ことに一生懸命になってる店ってステキだなぁ…、ってしみじみ思う。

石焼ビビンパを焼いてもらう。熱々の大きな石鍋の中に少なめのご飯、ナムルにタレに卵の黄身。スプーン2つを軽快に動かしながら石釜の中の素材をまぜあわす。押し付けることなく宙を舞わせるように混ぜると、空気をたっぷり含んで仕上がる。
そしてしばらく休ませる。フツフツ、蒸気が吹き上がりご飯を持ち上げ、まるで息するよう見える、景色に喉がなります。
自然なおこげがキレイについて、野菜たっぷり、軽い食感。きゅうりと蒸し鶏、ごまだけを具材に使った冷麺はムチムチの麺。濃厚味のスープでひんやり。お腹リセット、仕事の続きをいたします。

 

関連ランキング:焼肉 | 西熊本駅

 

飲んだあとになぜだか食べたくなるのがマクドナルドのハンバーガー。
しかも飲み屋街からホテルに戻る途中に深夜営業のマクドナルドがあって、今日も飛び込んじゃった。
マックグランのベーコンチーズを選んで買って、ホテルの部屋で食べてみる。
パッケージから取り出して、まずは観察。
プラスティックとか蝋細工とかが発するツヤ。人工的で化学な感じがプンプン漂う。
実際食べると、パンにはパンの味がなく、肉にも肉の風味や旨味がまるでない。肉の食感だけはあり、けれどパラパラカサカサ口の中を焼けた率い肉が転がりまわって騒々しい。その騒々しさをおさめるだけの力がパンにないものだからずっと肉の破片が居座る。チーズやベーコン、ケチャップの味や風味でなんとかこれが食べ物なんだ…、と合点するような変な仕上がり。
ちょっと前までのマクドナルドには「旨くはないけど上手いなぁ」といいう感想をもっていた。今日のこれは「旨くはないし上手くもない」ってしみじみ思う。悪いものを食べちゃった。マクドナルドは普通のチーズバーガーを選ぶにつきる…、と想う夜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。