観光地価格のそば、虫養い

銀座で気になる場所にでかける。
GINZA SIX。上から下に歩いてみたけど、お客様より店で働く従業員の方が多くて、こりゃ駄目だってしみじみ思った。
ぱらりちらりと歩いているのはインバウンドの人たちばかり。
そしてその足で銀座プラザにやってきたらここもおんなじような状態。なんだか寂しくなっちゃった。
さみしいついでに蕎麦をたぐった。
とり数寄っていう蕎麦と焼き鳥のお店のそば。昔一度だけ食べたことがあり、おいしかった覚えがある。けれどびっくりするような値段でもありそのあとそれがどんな具合になったんだろうと思ってやってきてみたワケです。お店は静かで、にぎやかなのは中国からの人たちばかり。冷たい蕎麦をと「梅おろし蕎麦」を選んでたのむ。ササッと料理はやってきてスピード感は抜群でした。

端正な蕎麦。細くてけれどキリッと角がたってザクッと歯切れ良い。汁は冷たく、冷たいながら旨味、風味がしっかりしている。たっぷりの大根おろし。潰した梅は酸味がキリリとして香りよく一口ごとに口から体が涼しくなっていくおゴチソウ。悪くないなぁ…、とやっぱり思う。
しかもなぜだか赤出汁付きで、その赤出汁がこの上もなくおいしく、そしてお腹の中からあったまる。
ただ値段がこれで1800円越え。銀座価格と言うにはあまりに間抜けな値段設定で、そうかこれは「観光地価格」なんだと思って納得。ボクが住んでる東京は観光地でもあるってコトを今更ながら思い出す。

 

関連ランキング:焼き鳥 | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

 

移動の途中で虫を養う。
四谷の駅ウエ商業施設のおむすび権米衛でおむすびを買う。鳥の唐揚げが揚げたてでそれももらってそのままそこで食べても良かった。
でも同じフロアのスープストックでひさしぶりにビスクを食べたく、テイクアウトにして移動。スープストックの人にこれ、持ち込みますってお願いしたらどうぞと快諾。
レギュラーサイズのビスクにライムソーダをセットにし、テーブルにつき、さぁ、食べる。
おむすび権米衛のおむすびで一番好きなのがじゃこ玄米。ちょうど最後の一個でござった。側面が正方形の三角柱。でも三角面を下でなく側面を下にして置いている。それで何故だかピラミッドみたいにみえてくるのがオモシロイ。
パラパラ玄米を軽くむすんで作っているから、ボロッと崩れる。じゃこと一緒にパラリと口で散らかってコツコツ奥歯を叩く感じが噛んでてたのしいオキニイリ。

ビスクは濃厚。ただかつてに比べてさっぱり味になりましたか。エビのかけらがたくさん入っていた記憶があり、でも今日のはほとんど固体なし。でもそれでも十分おいしいから良いとしましょう。
米粉をはたいてさっくり揚げた鳥の唐揚げ。麹系でしょう…、味がしっかり入っててしかもやわらか。衣部分のサクサク感と好対照でこれまた好き。ライムソーダはライムシロップのチープな味がなんだかとても懐かしく悪くないなと喉を洗った。
それにしてもここのスプーン。
先に向かってなめらかに角度をゆるくしていく造形。手のひらですくって飲んでるような感じがいいなと思う。満ちました。

 

関連ランキング:スープ | 四ツ谷駅麹町駅市ケ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。