蟹奉行にて蟹をひたすら剥き続けます、90分!

先日、大阪の街をぶらぶらしてたら、千日前の路地裏に中国からの観光客の長い行列をたまたま発見。
「蟹奉行」という蟹食べ放題のお店でそのはやり方のスゴイコト。大阪ってこういう飛び道具みたいな店がたまにできる街。今度大阪に来ることがあったら試してみようか…、って思っていたらなんと新宿にもあるというのがわかって来てみる。
飲食ビルの4階。だから行列ってわけにはいかないけれど予約でほぼ満席。インバウンドのお客様もかなりの割合。ニギヤカです。
5980円で蟹食べ放題。茹で蟹、蒸し蟹。蟹の天ぷらや蟹の寿司。980円追加するとズワイの刺し身も食べ放題。1280円を更に足すと飲み放題までついてくる。〆て8240円。90分一本勝負でございます。

さっそく茹で蟹を山盛り皿に盛り上げる。
ひたすら殻からはずして身だけを取り出してやる。
これが結構難儀です。
普通、蟹は身を取り出しやすいように殻の一部をそいで提供するのですね。ここではそのまま。ハサミが一テーブルに置かれてそれで殻をガリガリ切って剥がして身を取り出す…、ってスタイル。
蟹を食べるのは結構得意。関節折って殻の一部を切り取りスルンと指を添わせて剥がすとプルン。キレイにとれる。
お店の人に褒めてもらえるほどのスピード、的確さで剥き続けるもそのうち親指が痛くなる。飲み放題だし、他にもいろんな料理が食べ放題なのに気持ちがずっと蟹に向かってそれどこじゃない。

まるで蟹が揚がった港の婦人部みたいだねぇ…、って思って笑う。
次に来るときには軍手をもってこなくちゃって思いながらひたすら両手を動かし続ける。

刺し身が到着。
足をひとつそのまま食べて、残りは鍋の中に投入。
クツクツ炊いてハフハフ食べる。
そのまま食べるのが面倒くさいお腹のところは茹でた蟹も蒸し蟹も鍋にぶち込みクツクツ煮込む。
美味しい出汁が汁に移って香りが旨い。
蟹の天ぷらの他にもエビ、キス、イカ、れんこんと揚げたてハフハフ。
鍋の他にも焼台が置かれて蟹を焼いて食べることもできるスタイル。他にも肉や野菜が用意されていて、なぜだか赤ウィンナさんを焼いてしまうのネ…、焦がして焼いてケチャップつけるとおいしんだもの。

蟹だけ食べ続けるのが元をとるにはいいんだとわかっちゃいるけど、いろんなものを食べたくなるから浮気をしちゃう。元をとろうと思って頑張る食べ放題は気持ち貧しく、たのしもうと思ってがんばる食べ放題は豊かな体験。だからおでんも忘れず食べました。
エビフライとかサラダにデザートと料理が多彩に揃っていて、よく考えてるなぁ…、って感心しました。悪くない。テーブルの上にゴミ箱が用意されているのも「たくさん食べて帰って!」って言ってくれてるようでたのしく、あふれるばかりに殻で一杯。

あと20分というとこで〆の雑炊をつくりはじめる。蟹以外にほとんど何もつからず詰まった鍋です。味をみたら濃厚味で、水でちょっと薄めたところにご飯を入れる。アクをひきつつご飯に汁を吸い込ませ、ざっくり壊した卵を注ぐ。ネギを散らしてひと煮立て。火を止め、せせった蟹肉をたっぷり散らして出来上がり。
あぁ、このために今までずっと蟹をせせって鍋の面倒みながらボクらは70分ほどを過ごしたんだ…、とウットリしながらお腹を満たす。
元をとったかというと微妙なところ。例えば蟹の寿司もあったはずなのに食べる時間がなかったりした。90分間、ほとんど手が動きっぱなしで口を動かすことを忘れてしまうほどでもあった。でもたのしかったからよいとしましょう。お店の人も元気でやさしく、悪くないなぁ…、と思う店。勉強しました、オモシロイ。

 

関連ランキング:かに | 新宿三丁目駅新宿西口駅新宿駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。