虎屋の氷のち風来坊の鶏手羽揚げ

帝国ホテルの地下に虎屋のお店がある。
都心の他の虎屋のお店はいつもにぎやか。特にかき氷が販売されはじめてからというもの、例えば伊勢丹の虎屋菓寮は連日行列。
ところがさすがにホテルの地下という場所がらか、ココはいつものんびりムード。
今日もホテルの周りはスゴイ人出だけれど、ここは静かでこれ幸いとかき氷。
友人は宇治抹茶の練乳がけをレギュラーサイズで。ボクは宇治金時の小さいサイズをもらって分ける。
ココの宇治シロップは甘みがほとんどついていなくて抹茶の風味だけ。宇治抹茶には上白糖を煮詰めたシロップ。宇治金時にはタップリのあんこが底にしこまれていて、それらの甘みで味を整え味わう趣向。宇治の風味も上等です。シロップやあんこの味も上等でけれど残念ながら氷がザラザラしててちょっと食べると頭がキーンとしてしまう。すぐ溶けちゃうし、急いで食べるとまたキーンっ。銀座のお店が今のところ一番氷がおいしいかなぁ…。まだ改築中の赤坂本店のふっくらとした氷がなんだかなつかしい。

 

関連ランキング:甘味処 | 日比谷駅内幸町駅銀座駅

 

夜は銀座で鶏の手羽揚げ。
先日、秘密のケンミンSHOWを観てたら名古屋の手羽揚げのコトをやっていた。
そこで「風来坊」と「世界の山ちゃん」の食べ比べみたいなコトをやってて、無性に風来坊の手羽揚げを食べたくなった。世界の山ちゃんはそこらじゅうにある。風来坊は東京に2店舗。品川と銀座にあって銀座のお店を目指してきます。
ニッタビルってちょっと上等な造りのビルで、できたときには上等テナントばかりで気合が入ってた。時代も変わって今じゃ居酒屋ビルのようになっていて、でも店の雰囲気、インテリアだけは昔の名残のゴージャスムード。お店で働く人たちはほとんど中国系のスタッフで、けれど全員男性というのがキリリとしていて勢いがある。そういえば世界の山ちゃんのサービススタッフはほぼアジア女性。オモシロイ。

さっそく手羽揚げ。
5本で一人前を3人前。都合15本を二人でわけた。
山ちゃんのそれに比べて若干小さめ。
手羽先が小さいということは鳥そのものも小さく皮は薄めで脂控えめ。
それをこんがり焼いているから、皮はバリバリ。仕上がり軽い。
刷毛で塗りつけるタレはピリ辛。とは言え辛さはやさしく食べてるうちに、ちょっと後味が辛いぞ…、って程度の辛さで鶏そのものの旨味や風味を冷静に楽しむことができるところがありがたい。
ちなみに名古屋式に軟骨部分をペキッととって、パクっと咥えて前歯でしごいてスルンと肉を骨から外してそのまま食べる。今日はいつも以上に上手にできてニッコリ笑う。コツンコツンと骨が器に積み上がる。

名古屋的なる酒の肴をあれやこれやと。
まず味噌串揚げ。豚バラ肉に集めにパン粉をギッシリつけてラードでガリッと揚げたのに赤味噌ダレをたっぷり浸して食べる名古屋の名物料理。ガリガリの衣が味噌ダレ飲み込んでネットリなるのがたまらぬおいしさ。
モツとこんにゃくを味噌で煮込んだどて煮。モツの風味と旨みが染み込むタレがおいしく、これをとんかつにかけて食べると旨いんだよなぁ…、って思ったりもする。大アサリを殻に詰めてただただ焼いた貝焼きは滲んだ汁までオゴチソウ。
野菜を食べねばとカニサラダ。カニはほんの少々なれど、ガラスの鉢にギッシリ、カーリレタスが詰め込まれシャキシャキ冷え冷え。ニンジンはニンジンの香りがあってきゅうりはパリパリ。アルファルファかしらと思った白くて細い野菜は超極細に切った大根。トマトも熟しておいしくて料理がしっかりしていることにちょっとビックリ。満足す。

 

関連ランキング:居酒屋 | 内幸町駅新橋駅銀座駅

コメント

  1. にゃおにゃん

    そう、昨年上京の際に教えていただいた穴場虎屋@帝国ホテル。今年も伺う予定です。築地から離れて2年、日比谷は楽しくなってるみたいでワクワクします。胃が小さくて一日2食しか食べないのが悩ましい。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      にゃおにゃんさん
      帝国ホテルの虎屋菓寮は席もゆったりしていて、ユックリできる穴場。これからかき氷で混雑しちゃう季節には本当にありがたいですよね。
      確か去年までは杏氷があったはずなのに、今年は宇治がメインの品揃え。小さなサイズでも十分満足できるのがありがたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。