荒木町の「まことや」で夜

夜、ひさしぶりに近所の「まことや」。
炭で焼く串焼きがおいしい気軽な居酒屋。人気の店の週末の夜…、空いてるかなぁと思って来るとカウンターが2席空いてた。残りはほとんど予約が入っているということ。
ちとラッキー。しかも焼き場の真正面。おいしい煙を頭からかぶりながらのたのしい食事。しかも厨房の中の様子も手に取るようにわかるのですネ…。注文を終えて料理を待ってたら、オーダーミスで「ハムカツ」が一人前、宙に浮きます。分厚いハムの上を踊るようにパン粉がちらかるおいしい姿に「もしよかったら引き受けますよ」と。
めでたくボクらの眼の前にハムカツ到来。ムチュンとハムが歯切れたところにカサカサパラパラ、パン粉がちらかる。旨いなぁ…、こういう潔くってサービス精神旺盛な料理はたのしい。お酒も進む。

居酒屋のサラダと言えばポテトサラダかマカロニサラダ。おいしきゃお酒が進むから。ここはどちらもおいしくて、しかもその両方を盛り合わせたところに明太マヨネーズをたっぷりかけた「ポテマカメンタイ」っていうのが名物。ぽってりとしたポテトサラダにムニュンとマカロニ。そこにプチプチ、魚卵が交じる。それぞれそれだけ食べてもおいしく、一緒に食べるとなおおいしい。
それから分厚いアジのフライ。アジに塩うちをして休ませ味を入れておく。だからソースを使わずそのまま食べても十分おいしい。ウスターソースをかけるとスパイシーで酸味がアジの旨味に変わる。赤貝の刺身もお供に串が焼けるのを飲みつつ待った。

まずは豚のハラミが来ます。
ほどよき大きさに切り分けた肉を細い串にうち、味噌をたっぷり塗って焼く。
擦り下ろしたニンニクがたっぷり混ざった麦味噌で、焼くと肉の中に染み込む。
肉の旨味が味噌にも移って、こんがり、しっとり。
味噌も焦げます、脂も焦げる。
香ばしくってしっとりしていて、噛めば噛むほど旨味がにじむ。
それから豚バラ。塩を打ってパリッと焼きます。炭にあたった豚の脂が煙になって、肉にまとわりついて風味豊かに仕上がる。脂の甘みと塩の旨味でしっかり味が整って、それからネギ。塩水にくくらせただただ焼いただけ。外の部分はバキバキ歯切れ芯はとろりと甘くて上等。

薄切りの豚バラ肉でトマトを巻いて焼いた串。豚の脂がサクサク焦げて前歯で壊れる。壊れてトマトと一緒になって、トマトをおいしくしてくれる。
ここの隠れた人気の串がアボカドの串焼き。月切りにしたアボカドを皮を下にして炭に置き、じっくり時間をかけて焼き上げる。チロチロ、炎がアボカドの実の表面を舐め回し焦げて仕上がる。マヨネーズとわさびをつけて食べるのだけど、不思議なことにかにみそみたいな風味がしてくる。とろける感じもとてもなめらか。
カマンベールのチーズを焼いてはちみつかけて味わって〆。厨房の中に一人、調理見習いらしいおじさんがいて何本もの指にバンドエイドが巻かれてる。ときおり失敗するのを周りの人たちが正す態度がやさしくて、いい店だなぁ…、ってしみじみ思う。オキニイリ。

 

関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。