荒木町のまことや、ジャーマンドッグのドトール

近所で夜。「まことや」に来る。
荒木町の2つのメインストリート、車力門通りと杉大門通りをつなぐ路地に面した小さな店で、いつもニギヤカ。今日もほとんど満席で焼き場の前のカウンター席をもらって落ち着く。
体のためにトマトハイ(笑)。
とりあえずの料理を2つ。ひとつは「ポテマカ明太」というここの名物。ポテトサラダにマカロニサラダを半分半分。上に明太マヨネーズをたっぷりのっけて仕上げて作る。だから「ポテマカ明太」。ポテトサラダは茹でたじゃがいもの繊維がのこるザラッと存在感のある食感。マカロニサラダはツナにオニオン、具材たっぷり。どれもが味がしっかりしていて、お酒がすすむ。

それからハムカツ。
分厚いハムでチーズを挟んで細かなパン粉をぎっしりまとわす。
カリッと揚げて千切りキャベツと一緒にお皿に盛り付ける。
前歯にカサカサ。
パン粉が崩れむっちりとしたハムの食感にとろけるチーズと味わい多彩でたのしい。

そしてここの名物串焼きいくつか。
レバテキ串っていうのがあって、今日のおすすめ。大きな豚のレバーを角切りにして串にさし、炭でこんがり焼き上げる。外はカリッと焦げて仕上がり、でも断面はベリーレア。
たっぷりのネギと塩にごま油。レバーの癖を食感、風味に香りが抑えて食べやすくする。ブリブリコリコリした噛みごたえが徐々にゆっくりとろけていくのもオモシロイ。

串切りトマトを薄切りにした豚バラ肉で包んで串にさして焼く。豚の脂がサクサクになりまるでベーコンみたいな姿になって仕上がる。噛むとトマトが潰れてソースのようにふるまって、口の中でイタリア料理のようななにかになっていくのがオモシロイ。
種をとり、皮付きのまま炭で焼いたアボカドは、焦げた香りがおいしくて皮がスルンと向けてくれるのがありがたい。塩や醤油を使って味を整え食べるとトロリと口がなめらかになる。
カマンベールチーズをやいて、そこに蜂蜜。甘くてしょっぱく香ばしくやさしくとろけて夜の〆。そとから新内流しの音が聞こえる。気持ちいい。

 

関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

 

そして朝。移動の前に近所で朝食。ドトールコーヒー。
最近はずっとハムと卵のサンドイッチを食べてたけれど、ひさしぶりにジャーマンドッグを食べてみる。
かつてドトールコーヒーといえばジャーマンドッグ一択。
おいしかったなぁ…。
サクッと焼けたドッグロール。アメリカ的でなくソフトなバゲットみたいな食感、味わいでパリッと焼けたソーセージのジューシーを受け止め、ひきたて口がたちまち贅沢になったものでした。
形は似ていてけれどロールもソーセージもワングレード落ちちゃった。かつての片鱗があるだけに違いがなんとももどかしく、勿体無いなぁ…、と思う朝。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。