茶房椿屋、たいめいけんのオムライス

高島屋の中をうろうろ。
三連休の最後の一日というのに静か。
新宿の街にも人出が少ない感じでいろんな事情がからんでいるんだろうな…、と思う。大変だ。
ちょっと喉が乾いてアイスコーヒーを飲もうと思った。高島屋の中にも椿屋がある。ここは珈琲店じゃなくて「茶房」というのが独特で、メニューが豊富。
かき氷がありパスタなんかも用意されてて、買い物途中のマダムが小腹満たしを楽しんでたりする。
クレミアソフトクリームがある。一緒にアイスコーヒーをたのんでクレミアソフトを食べて口を甘くてはアイスコーヒーの苦味をたのしむ。ソフトクリームの冷たさとアイスコーヒーの冷たさがほんのちょっとだけ違って、アイスコーヒーを飲んだあとにクレミア食べると舌があったかく感じるたのしさ。疲れがシャキッと取れました。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

 

今の時期、デパートの地下は身近でたのしいテーマパークのような場所。
食欲も湧くし、何を食べよう、何を買おうかと頭も使う。
世の中にはこれほどおいしいモノが溢れているんだと、生きる元気も湧いてくる。
今日は新宿の高島屋へとやってきてみる。
地下のフロアに降りようとエスカレーターの乗り口付近で足がとまった。
最近、街角で立ち止まることが多くなった。立ち止まって立ち尽くし、空を見上げて足元を見、大きく息を吸い込んでそれからゆっくり歩きはじめる。涙がホロリと堪えきれずに落ちたりもする。だってやっぱりさみしいんだもん。気持ちがまだまだやわらかい。
こんなときにはおいしいモノを。高島屋の地下には何ヶ所か、食品売り場に併設されたイートインがある。どこもおいしく個性的で、中でも好きなのがたいめいけんのオムライス屋さん。

タナカくんはオムライスを作るのが上手だった。
けれどこの店のオムライスのうつくしさといい味といいプロの仕事ってスゴイよねぇ…、ってときたまきてた。
特にふっくら体型のシェフが立ってるときには「食べてく?」なんても言っていました。
作る人で料理の味が変わるように感じるものネ。
今日はその人。
オムライスにメンチカツのコンビネーション。季節のスープが冷たい枝豆のスープだというのでそれもセットにしてたのむ。

ザラッとした豆独特の喉越しを味わいほぼ飲み終えた頃合いでメインのお皿が完成、到着。
ふっくらとした玉子の状態がまさにオムレツ。よく溶いた玉子に空気をたっぷり含ませながら焼き上げるからなんでしょう…、スプーンを入れるとフワッと切れる。その断面に気泡がたっぷりはいって軽い。
こんなふうには焼けないなぁ…、くるんだケチャップライスの量に比べてオムレツ部分が厚くて口に含んだときにそのオムレツが潰れる感じが儚くて良い。俵型に整えたメンチカツは肉汁たっぷり。あしらわれたデミグラスソースとオムライスのケチャップが混じり合って新たな味が口の中でできあがるのがおゴチソウ。

 

関連ランキング:洋食 | 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

コメント

  1. Leocco

    すごい綺麗なオムレツ!美味しそうだし。
    田中氏のオムレツも美しかったけど、プロはすごいですね。

    19日までの自宅待機を終えたら食べに行きま〜〜す!楽しみです

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      やっぱりプロです。ここに来るたび、職人さんの手元を一生懸命覗き込んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。