丸の内にて自家製パッタイムチムチの朝

東京駅の地下。地下鉄丸ノ内線の駅改札とJRの改札口を繋ぐ通路に面してできたグランスタ。
ほぼ飲食店の商業施設で朝早くから営業している店が数軒。
朝食してみることにした。
改札口の内側にもあるマンゴツリーというタイ料理店がやってる「パッタイ専門店」。
自家製の生麺を使って作っているというのが自慢で、それを試した。
駅チカ、しかもオフィス街の入り口という場所もあってかテイクアウトをねだるカウンター。奥に厨房。イートインのスペースがあり、朝からおそらくランチ用のテイクアウト商品の仕込みの準備でありましょう…、厨房の中がにぎやかなのが臨場感になっておいしいムードを作る。お冷はセルフで…、なんてところも合理的でいい。ほどなく料理がやってくる。

朝のお腹にぴったりポーション。
スープがついて600円というのがちょっとウレシイ。
テーブルの上に並んだ調味料。
赤唐辛子を砕いたものにヌクマム、お酢にガーリックオイル。砂糖を使って自分の好みの味に仕上げる。
一口食べてみると少々甘めの仕上げ。砂糖以外を全部くわえて、パンチを効かせた朝にする。
スープを吸い込み飴色になった麺。米粉の麺でムチムチしてる。
板春雨を煮ふくませながら戻したようなネットリとした食感で、しかもほどよい弾力がある。ネットリ、ムッチリ。分量以上のボリューム感があるのがうれしい。

しかも具材が豊富です。細かく刻んだタイの厚揚げ。モヤシに青菜に玉ねぎにネギ。桜えびが彩りと風味をそえて、どこを食べても野菜が口の中にある。しかもシャキシャキ、みずみずしくて良き状態。健康的…、って感じがするのが朝にウレシイ。潤う感じ。
しかも麺が短く切られて、だからスプーンですくって食べることができる。フォークがついてきはするのだけど、結局、途中からスプーンだけで食べてしまう。フォークだとかナイフだとかって、優雅に食べるということにおいてはとても未発達。だって中世の武器を小さくしただけだもの。それに比べて箸とスプーンの組み合わせって優雅でやさしい。その組み合わせで食べられる料理は同じく優雅なんだ…、って思ったりする。だからここでも箸が使えりゃ文句なし。

 

関連ランキング:タイ料理 | 東京駅大手町駅二重橋前駅

 

次の予定までに時間があって、同じ施設の中のベーカリーカフェでお茶を飲む。入口のパンコーナーにあんことバターを挟んだパンが売られてて、思わず手にして小さなサイズのコーヒーと合わせて食後の〆にした。
ちなみにパンとコーヒーで700円。目の前で作ってくれたパッタイよりも高いというのに、なるほどみんなコーヒーの店やベーカリーをやりたがるのはこういうことよネ…、って思ったりする。オモシロイ。
あんこは小豆の自然な甘みがおいしくてバターの塩気と一緒になってとろりとろける。けれどそれを挟んだパンが胚芽の香りが不自然なほどに強い自然派気取ったパンで好きじゃなかった。
今度はピーナツバターとバナナのトーストを試しにこよう…、って思ったりした。さて、出発。

 

関連ランキング:カフェ | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメント

  1. めるば

    マンゴツリーが麺を自家製に変えたのははここ2〜3年前でしたっけ。
    ゴールデンウィーク明けに代々木公園でやってるタイフェスティバルに行った時、麺のサンプルくれたおじさんが言ってました。
    自分で麺の種類が選べる店とか出たら楽しいかもですね。

    • サカキシンイチロウ

      めるばさん
      乾燥面を使うのが当たり前と思われていたアジア料理の世界においての生麺。
      ただそれだけでこれほど印象が違うんだ…、ってビックリしますよね。
      センレックやフォー、ブンと麺の種類はたくさんあって、それらが自由に選べるなんてステキだなぁ…、って思います。

      そう言えば高円寺と吉祥寺に「チョップスティック」っていう自家製生麺を食べさせてくれるベトナム料理のお店があります。

      http://namamen.com/

      ウェブサイトのURLが「生麺」という気合の入り方。高円寺本店はディープな立地のディープなお店。機会があればぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。