肉を焼き焼きラーメン食べる、牛源で昼

岐阜で昼。牛源で焼肉。
昔、この界隈で一世を風靡した「松葉チェーン」という喫茶店があった。
朝はモーニング、昼はランチでにぎわってお茶に食事にと1日、人が集まる町の社交場みたいな場所。
どの系列店も人気があって繁盛してて、その一店舗がここの前身。
喫茶店のブームが終わり、徹底的に改装し韓国料理の店でリセット。ただ地方都市で韓国料理の市場は小さく焼肉レストランとして再スタートという歴史。オーダーバイキングも取り込んで人気をとった。牛源ランチという昼のオススメ。
サラダに小鉢、肉の盛り合わせにご飯、デザート。それに麺類、ビビンパ類を8種類から自由の選べて1280円。おトクでビックリ。

まずはサラダに小鉢が到着。サンチュレタス、サクサクに揚げた小麦麺に彩り野菜。崩したゆで卵のサウザンアイランドドレッシングで味が整う。モサモサとしたサンチュにぽってり、ドレッシングがからんでおいしい。小鉢は茄子の含め煮でした。
食べ終わる頃合いで肉。豚バラ肉に塩だれまとわせたものに鶏の味噌和え。牛ロース。ピーマン、かぼちゃが彩り添えてにんにくダレに塩ダレ、味噌ダレが添えられる。網に並べて焼きはじめるのだけど同じテーブルを囲んだみんながまず一斉に塩だれの豚を並べて焼いた。網が汚れぬものからまず…、って気持ちが通じてにっこりします。

焼きあがったらご飯の上に乗っけてパクリ。
脂が焦げてめくれ上がったように仕上がる豚バラの端。ひんやり脂が揮発して焦げた香りが香ばしい。そのまま食べるよりご飯に乗せて一緒に食べる方がおいしく、だから麺類も付いてくるのにご飯がうれしい。
続いて鶏肉。
味噌が焦げて風味が上がる。
ボーっとしてると黒焦げになる。

だからみんなの箸が一斉にやってきて自分の肉を転がし焼いてく。景色圧巻。おもしろい。鶏肉が焼きあがる寸前に牛肉を乗せ、ちゃちゃっと焼いてご飯に並べる。牛鶏丼の出来上がり。ふっくらとした鶏肉に脂おいしい牛ロース肉。ご飯にタレと脂がしみてなんとおいしい。オゴチソウ。

麺、ビビンパの中からラーメンを選んで〆。焼肉店でラーメンがあるというのがちょっと珍しく、けれどこれが人気がある。考えてみれば、焼肉食べて飲んだ帰りにラーメン屋台があったらふらっと入りたくなる。
〆に冷麺が食べたいね…、とかユッケジャンクッパだよねというのと切実さが違って感じる。だからうれしい。
豚骨ベースの気取らぬ普通のラーメンで、叉焼たっぷり。ネギにゴマととてもシンプル。スッキリとしたスープでスルスル、お腹の中に麺がやさしく流れ込んでくる。オゴチソウ。最後にプリンを食べてお腹に蓋をする。

 

関連ランキング:焼肉 | 柳津駅西笠松駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。