肉の万世、和牛と野菜の鉄板焼

万世で肉!
魚も好き。寿司や焼き魚のおいしさは格別だけど、やっぱり肉。
正月から家で何を作って食べたかといえば、まずほぼ肉ばかりでなのに今日も肉を食べたいとやってくる。
新宿の西口、メトロ街という食堂街の一角にある。入口は狭くて小さく、ちょっと暗くてパッとしない。けれど中に入ると案外店の中は大きくて居心地がいい。
それにお店の人も多くてお客様との付き合い方もとても丁寧。教育が行き届いているというよりも、ひとりひとりのお客様への向き合い方の基本がしっかり出来ている…、って感じがするのがいい感じ。今日の目当ては和牛切り落としの鉄板焼き。昔からあるここの定番料理のひとつで、不揃いの薄切りの肉を野菜と一緒に炒めてタレにつけて食べるというモノ。シンプルなんだけどとてもおいしいオキニイリ。

ジュウジュウ焼かれた分厚い鉄板の上にのってやってくる。
木の板の上に鉄板。
ジリジリ焼ける音においしい蒸気。
脂がはぜて木の板汚してツヤツヤさせる。
昔はこれがおいしい合図だったのだけど重たい鉄板を嫌ってこういう提供スタイルをしないお店が増えちゃった。
重たいからこそ熱をたっぷり蓄えておいしい状態が持続する。
特に野菜は熱い鉄板の上でどんどん焦げていく。キャベツや玉ねぎのところどころが焦げておいしくなっていき、それら野菜で守られた肉はおいしい状態のまま。焼けた肉のおいしい脂が野菜にじんわり染み込んで、野菜に肉の味がのっていくのもこの料理のおいしいところ。ご飯がすすむオキニイリ。

ちなみに昔からこの料理にはタレがつく。たまり醤油に芥子を溶いただけのとてもシンプルなタレなんだけど、余計な味が入ってない分、肉の旨味や風味が引き立つ。最近になって、普通、辛口の二種類が選べるようになってて辛口でたのむとかなり芥子がきいて仕上がる。
熱々の肉を浸して不用意にパクっと食べると咳き込むほどに芥子味。だから息を吸いつつそっと口の中におきゆっくり味わうように食べてく。芥子のツーンっとした香り、辛味が肉の脂をスッキリさせて本当においしい。野菜もたっぷり。特別贅沢な野菜炒めと思って食べると、また旨い。タレがしみこんだご飯もおいしく、なにより具だくさんの豚汁のおいしいことにまたニコリ。お腹が満ちます…、満たされる。

 

関連ランキング:ハンバーグ | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

 

土曜日の朝、バーガーキングでちゃちゃっとすませる。
今日は一日いろいろあれこれ。だから軽めにホットドッグを選んでたのむ。
アイスティーをストレートにてお供にもらい、ついでにハッシュブラウンたのむ。
少々お時間頂戴しますと、すぐに整うアイスティーとホットドッグだけをもらって番号札と一緒に着席。ホットドッグの包みをといてカプッと一口。スパッとドッグロールが歯切れてムチュン。細めのソーセージがちぎれて刻んだピクルス、ケチャップと一緒に口にやってくる。それと同時ハッシュブラウンが到着します。
できたて、熱々。そしてホクホク。カリッと焦げた表面が口の中でちらかる感じがオゴチソウ。お腹が満ちたら一旦家に戻ってのんびりいたしましょ。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. ボルテイモアのおかず

    サカキさん、御誕生日おめでとう御座います!
    良いお誕生日、良い1年でありますように。
    いつも素敵な文章とお写真を有難う御座います。どうぞお体に気を付けて、益々のご活躍を楽しみにしています。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ボルティモアのおかずさん
      ありがとうございました。早生まれなので数えの還暦を迎えることになりました。今日は一日、赤いセーターと帽子でたのしもうと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。