羽田のホットドッグ、坂出の母と焼肉

羽田第一ターミナルの伊勢丹ストアの中のカフェ。
トラベラーズコーヒーっていう名前の店で、出発までの時間をのんびりするのに便利。
いつもかならず座れて、カウンターで注文、先払いではあるのだけれど出来た商品はお店の人が運んでくれる。
この先払い。
なんのために導入されたんだろう…、と思うと多分、食い逃げされないようにというコトなんでしょう。ときおりカウンターに人がいなくなり、客席ホールに目が届かない状況になる。でも、それは裏返すと食事をしているお客様への関心を払わなくても格段不都合が無いということでもあって、お店の人はよくおしゃべりをしているのです。なんだか残念。

チーズホットドッグをたのむ。
先日食べて、おいしかったのだけどちょっと残念なところがあった。
パンの長さに比べてソーセージが明らかに短かったコト。
今日もやっぱりソーセージが寸詰まり。
モスバーガーもフレッシュネスも、タリーズでさえホットドッグのソーセージはパンより長いか同じくらいの長さなのにネ…、勿体ない。

パンはおいしい。さっくり歯切れてべとつかず、小麦の香りも強くておいしい。ソーセージも上等なもの。チーズも風味豊かで塩や旨味やコクもしっかりしていてなのに、本当に短い。おいしいだけに勿体ない。

ケチャップとマスタードがひとつの容器に別々に格納されているパッケージ。真ん中から折りたたんで潰すとプチュッと潰すと、ケチャップ、マスタードが同時に飛び出てとても便利…、という代物で、でもケチャップだけとか、マスタードだけは使えぬ不便なものでもあったりする。
ちなみに今日のホットドッグは素材それぞれでしっかり味が整っていて、ケチャップもマスタードも必要なしのゴチソウでした。
お供にもらったアイスカフェラテ。
エスプレッソはやさしい味でお風呂上がりのコーヒー牛乳を飲んでるみたいな気持ちになった。そろそろ出発。西にゆく。

 

関連ランキング:カフェ | 羽田空港第2ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第1ビル駅

 

母とひさしぶりに夕食。やはり焼肉。ボクと食事をするときは絶対焼肉と有無を言わせぬ意思を感じて和牛がおいしい店に来る。
タン塩をやき、みずみずしくて強い旨味に笑顔が溢れる。
新しい環境にも随分なじんできたようで、話も前向き。顔の表情がいつもにも増して豊かでホッとする。
ロースにカルビと焼けば焼いただけ箸を伸ばして食べていく。相変わらず食欲もあって、何より脂をおいしいという若い胃袋。負けちゃいそう。
ハラミを焼いて、ユッケジャンスープにビビンパ。海鮮石焼ビビンパにチーズをのっけてお腹も満ちる。それでも話は終わらなく、カフェオレ飲み飲みゆっくり食後をたのしんだ。

 

関連ランキング:焼肉 | 坂出駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。