羽田のサンゴウアンが閉店しました…。

週末、里帰りする今日。羽田から出発。
第一ターミナルの中央吹き抜けスペースにクリスマスツリーが飾られ、12月という季節を見せる。

この吹き抜けを見るたび思い出すのが、開業当時、この豪華さに熱狂するボクに、こんな無駄な投資をして一体、どうするつもりなんだろう…、ってボクにいった師匠の言葉。
飛行場が純粋に旅の起点や終点、あるいは中継点であるとするならこんな吹き抜けは必要ない。
大理石の壁もメンテナンスに手間のかかる意匠を凝らした建物自体がみんな無駄。

本来の目的をおおいに逸脱した投資をすれば、必ず未来にツケがいく。ボクはおじぃさんだからツケを払わずに死んでいけるけど、そのツケをシンイチロウくん世代がいつか払うんだから、今は感動するのじゃなくて怒らなくちゃ…、って。
言われたときにはピンと来なかった。でも今となっては納得できる。ボクらの周りには誰が払うかわからぬツケがたくさんあって、あるだけじゃなくいまだにどんどん増え続けてる。まだまだボクらはツケを払わなくちゃいけない立場。どうすりゃいいの…、って頭の中で鐘がなる。

昼を羽田の飲食店で。変わり映えせぬテナントの中で、ほぼニューフェイスという寿司の店。
「羽田寿司幸」を選んでみる。
銀座の名店寿司幸の「支店」じゃなくて「姉妹店」とワザワザ大きく書かれた店で、支店は子供?
そもそも「姉妹店」と言っても立場はあくまで向こうが姉でこちらが妹だから「妹店」と言えばもっとスッキリするのに…、って、思って笑う。
カウンターを中心とした上等感のたかまる店内。昼から冷酒を飲みながらつまみをたのしむお客様もいて、そういう部分は銀座な感じ。
テーブルにつき、オキマリメニューの中からひとつ。「魚介づくし」という貝類が中心の定食たのんでちょっと待つ。カウンターの中では職人さんが大きなおろし金でユックリわさびをすりおろす。ユックリ、ユックリ、大きく輪を描くようにしておろす姿にちょっとワクワク。

端正な寿司が8貫ならんでやってくる。とり貝、つぶ貝、あおやぎ、赤貝。赤貝だけは身と紐別々。それでに2貫。ほっきにホタテ、そして赤身でひと揃え。まず手前のとり貝をパクリ、頬張る。
シャリが独特。ちょっとやわらかで酸味がスキッとした味わい。若干もったりするのは上のネタと一体になるのをたのしむ趣向なんでしょう…、悪くない。ビックリするのはわさびがおいしくさわやかなこと。それですべてが整う魅力。アオヤギの軽いアンモニア臭がおいしく冬のおいしさ味わう。ねっとりとした赤貝に、スルンと歯切れる身厚のホッキ。ホタテはぽってり、旨味が強くマグロの赤身の酸味で口がひきしまる。
好きなタイプの寿司でして、追加でいくつかたのもうか…、と思いもしたけど先を急いで失礼しました。オキニイリ。

 

関連ランキング:寿司 | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

 

先を急いだ理由はひとつ。昼のお腹を蕎麦でしめよう…、と思ったから。
ゲートを入りターミナルビルの中央部分に「サンゴウアン」が待っている。今日は趣向を変えて、せいろにしよう。
いつも天ぷらそばを食べてて、そういやせいろを食べるのははじめてだよな…、なんて思いながらお店の前に来てみると、なんたることか!閉店してた。
いろんな理由があるのでしょう。売れてはいてもテークアウトができない業態。売上高はたかが知れてたのかもしれない。
専門店の料理を出すため、いつも職人を置かなきゃいけない。時間も少々かかることがあり、旅の途中の小腹満たしにはオーバースペックだったのでしょう。
おいしいというコトが、すべてのお客様にとってひとしくサービスになる…、ってことがないのが飲食店の厳しい現実。こんなコトなら寿司を追加で食べときゃよかった…、って思うも遅し。あの上等を二度と気軽にたのしめないのかと思うとさみし。彷徨った。
(ちなみに食べログのページが12月2日現在、まだ営業中になっているのがなおさら切なく涙する。)

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

 

ターミナルビルの一番端っこ。四国九州に向けての飛行機の搭乗ゲートの近くに蕎麦屋が一軒できてた。試しにそこで食べてみるかとテクリと歩く。大層にぎわっておりました。
感心するのがこのお店。天ぷらを売らないのです。キツネに九条ねぎ、天ぷらの代わりにじゃこ天と小さな厨房で手間かけず出来る料理だけで勝負をしている割り切り。こういう場所の商売って、これで多分いいんだろうなぁ…。
九条ねぎの蕎麦をたのんでじゃこ天追加でお腹を満たす。
甘い。そしてわかりやすい味。こだわりはなく、にもかかわらず飛行場的値付けをしてる。蕎麦にもいろんなスタイルがあり、どれがよくってどれがダメと言えない世界。ただただあるのは「食べ手にとっての好き嫌い」だけ。好きなものだけ食べて太るなら本望だけど…、と思ってちょっと残して終えた。
しばらく羽田で苦労しそうな悪い予感がいたします。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。