羽田から高知に飛んで朝と昼

hanedahane早朝出発。
羽田からのひさびさ出張。
それではじめて「バスタ」を使った。
新宿南口にできたばかりの日本最大のバスターミナル。
よく考えられた動線と、待つのが苦痛ではない設備。なによりこれから「旅に出るんだ」という気持ちがたのしく盛り上がる。
ただ、出発フロアに飲食施設がないことと、他のテナントもまだ空いてない。それがちょっとさみしくはあり、でもそんなもんだと思えば十分我慢できるレベルでござんす。

小雨の中を羽田について、飛行機にのり窓から外を写してみます。
一枚マクロで、もう一枚はパンフォーカスで。
カメラのレンズってなんと正直で不器用で、人間の目って見たいものを見れる便利なレンズなんだなぁ…、って思ったりする。
そして旅。

空に上がると下は雲。いつも以上に分厚い雲で今日は雨の地域が多いに違いない…、って思うもまもなく晴れ間が見える。
雲の上には晴れ間があって、昼間は太陽が必ずいるんだと思うと気持ちがホっとする。

mep gaikanmep tennnai午前中のフライトでつき、仕事は午後から。時間を潰す。

場所は高知の町中です。
高知という街。
昔ながらの喫茶店の文化がいきいき残ってて、個性的なお店がたくさん。
中でも好きなお店がこの店。
メフィストフェレス。

大きな空間。
にも関わらずそれを退屈な空間にせぬ工夫が随所にほどこされていて、居心地がいい。
大きな窓から外の光がはいってくる。けれどそれも眩しくはなく、適度な影が気持ちをやさしく落ち着かす。
すべてにほどよく、しかも清潔。いいお店。

mep morningmep billお店に入るとなんとまだモーニングセットの時間でした。
コーヒー一杯たのむより、得でしかもテーブルの上がにぎやかになる。
それでホットサンドのセットをたのんだ。

よく冷えてパリパリ野菜が奥歯で砕けるグリーンサラダ。
ゼリーを忍ばせ軽い甘みのヨーグルト。
ブルーベリーを練り込み焼いた薄切りパンで、卵サラダとポテトサラダを挟んで焼いたホットサンドとひとつひとつの料理がしっかりしていてウレシイ。
コーヒーも甘くて軽い酸味のおいしいドリップコーヒー。
空間がすべてにおいて程よいように、トレイの上の料理もすべてにおいて程よくて、のんびり時間をたのしめる。
現代企業社という地元の会社がやっている。スターバックスがやって来ようがコメダ珈琲のようなお店が攻めようが、びくともしない地元に根ざしてがんばる会社があることが、何よりステキと思う朝。

 

関連ランキング:喫茶店 | 大橋通駅高知城前駅堀詰駅

 

yasuyasu nabe昼をどこかで食べようと、商店街の周りを探す。
ところが毎週水曜に定休をとるお店が多い商店街で、土佐の鰹節をたっぷり使った出汁がおいしい食堂や、四万十川の鰻を喰わせる専門店がみんな定休。
肩透かし。
どうしようかとブラブラしてたら、鍋焼きラーメンのお店を発見。
先週できたばかりのお店というので、これはと食べてみる。

土鍋で煮込む独特のモノ。
スープは鶏のスープをベースに、具材も親鳥の肉のぶつ切りが入ってる。
使われないことが多い食材を工夫しながら作った料理…、なのでしょう。具材は他にネギと輪切りのちくわぐらいで、麺の真ん中にポトンと玉子を落として仕上げる。
650円といううれしい値段。
ちなみに続々やってくるネクタイしめたおじさんたちは、ご飯をつけて定食にする。麺を食べ終わったスープにご飯を投入し、おじやのようにして食べるのでしょう。なんだかそれもおいしそう。

yasu menただ、生の玉子は見ていて怖い(笑)。
だから上に麺をかぶせて、せいぜい半熟程度にならないかしらと工夫する。玉子をさわらぬようにズルリと麺だけ口にすすりこむ。
どっしりとしたスープが旨い。
ストレートの細くてけれど力強い、コシのある麺がするりと喉をたのしく駆け下りる。
昔のラーメンってこんな食感、味だったなぁ…って、はじめて食べるのに懐かしくなる味。オモシロイ。
食べてるうちに、ちょっとした拍子で玉子を箸でつついちゃったのでしょう…、トロリととろけて浮き上がってくる。
浮き上がりつつほどよき半熟にかたまりはじめて、それでズズッと麺ごと味わう。するとなんとも玉子のなめらかで唇潤う。これも良い。もともと黄色く仕上げた麺に玉子がからんで黄金色になっていくのもまたオゴチソウ。
暑いところで生まれた熱々ラーメンで、汗を流して午後の仕事の準備をしました。ニッコリと。

コメント

  1. 茶碗交番

    リオ五輪に行くのにバスタ新宿から出発したって云ったら基本早とちりばかりのカリオカには「もう新宿は懲り懲り!bastante Shinjuqu すげー混んでんだろ!」ってとられちゃうかも(笑)

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    茶碗交番さん
    muy Shinjuquでないだけ、マシといたしましょう(笑)。
    ボクはどうしても風呂に入りたくなっちゃいます。
    バスタブ新宿(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。