羽田空港。ロイヤルのデリとロイヤルの伊勢丹カフェ

羽田第一ターミナル。ビルの4階にあるロイヤルデリにひさしぶりに来る。隣にロイヤルホストがあります。同じロイヤルの経営で、反対隣にはやはり同じグループ会社のイタリア料理の店がある。総合ファミリーレストランとイタリア料理の店に挟まれ、何を売ればいいのかなかなか気持ちが定まらないのでしょう…、哀れなほどに右往左往して来るたび方向性が違ってある意味オモシロイ。

もともとセルフサービスのサンドイッチがメインの店。
とはいえ隣のロイホにもサンドイッチはあるのでここはスピード勝負。入り口から伸びるオープンキッチン前のレーンをトレーをもって歩く間に料理が揃うキャフテリアスタイルでやってた。
けれどコンスタントにお客様が来てくれないとロスが出ちゃって儲からない。それでメニューはそのままでテーブルサービスに変えてみたり、それでも駄目とわかるや丼がメインの店に変えてまた駄目。今は再びサンドイッチがメインになって、入り口脇のレジで注文、先払い。ページャー渡され、飲み物はドリンクバーという具合。
サービスエリアとかフードコートとかと同じ仕組みになっちゃった。最近のロイヤルホストはそういう場所のレストランを得意にしてて、しかも収益部分になっているからしょうがないか…、と思うもちょっとかなしい感じ。

クロックムッシュやフレンチトースト、パンケーキとパンが主役の朝食メニューが8種類ほど。
なぜだか異色の「焼き魚ボウル」なる料理があって、たのんでみました。
目玉焼きは両面焼きでネ…、ってお願いしたら見事にこんがり。これほど焦げた目玉焼きってなかなか見ないほどの状況。しょうがない。
ひとつお皿にサラダ野菜にご飯におかず。
鮭の焼いたの、目玉焼き。申し訳程度の明太子に昆布の佃煮。芸術的なほどに薄く切られたハムが一枚と、数合わせだけに動員された素材が貧しく素人っぽい。野菜を食べてしまうとまるで、食べ残した弁当みたいでその貧しさに体が震える。

ひとつひとつの料理の味は言うに及ばず。大量のご飯を食べるにはおかずがあまりに少なくそれでご飯に直接醤油をかける。目玉焼きにはケチャップのっけ、試しに頼んだフィッシュアンドチップスの魚&タルタルソースが唯一まともなご飯のおかずになりました(笑)。
そういやこのフィッシュアンドチップス…、おそらくグループブランドのハブのそれでございましょ。
女性だけで切り盛りしてる。昔、偉そうにしていた男性社員は結局何をしていたんだろう。あるいは彼らがしていた仕事を必要とせぬほど合理化されたんだろうか…。
合理的なものは好き。けれど合理的な存在になるための「合理化というプロセス」が剥き出しになってしまう状態は苦手。この店の右往左往はまさに合理化プロセスが剥き出しのままもう何年もさらされてるってことでもあって、だからあんまり好きじゃない。ちなみに提供時間は15分。つまり隣のロイホと何ら変わらぬ手間のかけ方…、おバカさん。

 

関連ランキング:デリカテッセン | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

 

お店や料理に愛着がもてないままで写真を撮ると、ろくな写真にならないようなぁ…、と愚痴りながら手荷物検査をさっさとすませ、伊勢丹のカフェにやってくる。
ここもそういや、ロイヤル系の会社の営業。にもかかかわらずロイヤルホスピタリティはどこにも発揮されないぼんやりとしたのどかな空間。中途半端に張り切られるより、こっちの方がいいのかもね…、と思ったりする。
ココナツフレーバーカフェオレっていうのがあって、たのんでみたら普通のカフェオレにココナツシロップを自分で勝手に垂らしてのんでってものだった。あまりに投げやり…、笑っちゃう。
それにしてもこういう飲み物って、どのくらいが一番おいしいのかシロップ、フレーバーの足し加減にいつも悩む。いっそもうひとつカップをおいて、試行錯誤しながらおいしい加減を味わうことができればいいのに。なぜ、気づかない…、不思議なり。

 

関連ランキング:カフェ | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

コメント

  1. にゃおにゃん

    これは散々でございましたね。
    気持ち良く旅立ちたいもの、美味はご当地のお楽しみになりましたかしら?
    良き旅で八月を越されますように。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      にゃおやんさん
      徳島にきて、ご当地ならではのお好み焼きでお腹を満たし、八十八ヶ所一番札所で気持ちを落ち着け、母と会食。
      旅のはじまりのつまずきを、見事にリカバーできました。

  2. かーこ

    随分と昔、ロイヤルホストのコスモドリアが好きでした。「このドリア栗が入ってるよー」友人と話しながら食べた想い出が懐かしいです。
    栄枯盛衰なのでしょうか…何だか切ない。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      かーこさん
      コスモドリアはロイヤルホストの名作のひとつ。
      ボクはジャンバラヤが大好きでした。でもそういうファンが多くて独特な商品がどんどん間引かれ、どこにでもありう料理ばかりになっていく。
      もったいないなぁ…、って思いますね。

  3. 匿名

    コスモドリア、まだありますよ!
    ちょっとお高くなったけど、相変わらずの優しい味です。

    いつも楽しく読んでます。
    素敵な写真、目の保養&ダイエットの敵(笑

    • サカキシンイチロウ

      匿名さん
      定番料理ですものね…、コスモドリア。
      まだ残ってくれていてホッとしました。
      目の保養、ダイエットの敵とはありがたきお褒めの言葉。目は超えても体は肥やしたくなくでもそれは夢のまた夢です(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。