網を育てる焼肉山星

夜、近所で焼肉。「山星」にくる。
一時期、オキニイリ焼肉№1の店としてヘビーローテーションで来ていたお店。
けれど他にオキニイリのお店ができちゃって、ちょっと足が遠のいていた。一時期、厨房の中のスタッフが入れ替わって状態がよくなくなってしまったことも理由のひとつ。
ただたまには来てみなくちゃネ…、って思って来てみた。
スタッフが一新されてお店のムードが明るくなってた。厨房の中のスタッフも若返り、肉をたのしそうに扱う姿に、あぁ、いい感じ…!ってにっこりします。テーブルに掘られた穴に置かれた壺。そこに炭を入れて網置き肉を焼く準備が出来上がっていく。焼肉店って肉も大切だけど、そこで働く人が醸し出すムードがとても大切で、安心感とか信頼感とか、それになにより楽しさだとかが伝わってくると俄然、気持ちが上がってきます。

まずは牛たん。塩ダレをかけて寝かせたタンでほどよき薄さ。焼くと肉汁がジュワリと上に染み出してくる。刻んだネギのごま油あえをもらってそれを肉汁の上にのっけて食べる。
牛たんのむっちりとした食感とザクザク歯切れる生の玉ねぎの食感たのしくまじりあい、ネギの辛味が脂に混じって甘みに変わる。
肉の盛り合わせを作ってもらう。カルビにロース、中落ちカルビ。タレを軽く揉み込んでツヤツヤしたのを網に乗せるとタレが焦げておいしく仕上がる。肉の状態も良くてやっぱりココの焼肉は旨いんだ…、って再認識する。オゴチソウ。サニーレタスとキュウリをごま油と塩にスープをドレスしたサラダにカクテキ。モサモサとしたサニーレタスが口にやさしく、コリコリとしたカクテキの浸かり具合もボク好み。

ホルモン焼きます。
脂をキレイに掃除して、ほどよき程度にのこして開いたホルモンは焼くとクシュッと縮みながら焼けていく。
脂がブルブル震えながら網の上で焼けていくのが美味しげで、しかも炭に火がついたりしないところにビックリ。
食べてみると脂の旨みがほどよくて口がベタベタしないところがありがたい。
それから上ミノ。
コリコリ、ザクザク、歯切れてとろける。貝を食べてるみたいな感じがするのがたのしい。
かつて焼肉店ではあまり見なかった、あったとしてもたのむことがほとんどなかった部位がハチノス。
柔らかくなるまで煮込んで味を予め整えたモノ。網の上では炙って焦がし、風味豊かにするだけのけれどなんともおいしいゴチソウ。ムチュンと歯切れ旨みジュースを吐き出しながらとろけて消えるところがステキ。

これだけ沢山焼きながら、今日は網を一度も変えず最後まで。脂控えめのモノだけ焼いたからでもあって、だからかお腹が重たく感じない。網の上には焦げがはりつき、その焦げゆえに肉が香ばしくやけてくような感じがしてくる。「網を育てる」って感じの食べ方。大人的(笑)。
〆に牡蠣ご飯をたのんで食べる。石鍋の中で仕上げた牡蠣の旨みがしみこむご飯。玉子をちらして胡麻、ネギぱらり。やわらかな焦げが香ばしく、最後にほどこしたバターの香りがちょっと洋風。そのまま食べてもおいしくて、けれどそこに韓国海苔をちぎってちらし、焼いた肉を乗っけてパクリ。テールスープをゴクリと飲むと体に染み込む栄養満点なる〆のゴチソウ。満たされる。

 

関連ランキング:焼肉 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。