社食にいきたい…。

この歳になってなお憧れる働き方…、っていうのがあって、それは「定時に出勤して仲間と一緒に社食で昼食をとって定時に帰る」という働き方。
実は人を雇用したことはあっても雇用された経験がなく、経営していた会社も中小企業だから社食をもつまでの規模じゃなかった。最近、アメリカから来た会社や新しい職場作りに賢明な会社のほとんどが魅力的な社食があることをアピールしていて、それでますます「社食熱」が高まる毎日。
社食的なムードを持ったお店が最近増えているのもまた気になって、今日はそういうお店の代表(…、と勝手にボクが思い込んでるだけなのかもしれないけれど)「ムジカフェ」にくる。
雑貨の無印良品が経営しているお店で、おしゃれな会社の社食ってこんな感じなのかもしれないっていうムードを持ってる。セルフサービスのキャフテリアスタイル。最後に決済するのが交通系のカードやクレジットカードじゃなくて社員証だったら多分、とっても、社食的。

料理を何個とるかで値段が決まる。
温かい料理を3種類、冷たい料理を2種類選んで、ご飯は十穀米にアップグレード。
お味噌汁とグリーンティーのMサイズを組み合わせて1980円!
それだけ払えば近所のお店で、立派な和定食がサービス付きで食べられるコトを考えるとこれは多分「観光地プライス」。
ただここが本物の観光地だとしたら「今日はコレだけ!」的営業をすればいい。一蘭みたいになれば超単品でもお客様は来る。ここは中途半端な観光地。

社食自慢の会社にいって自慢の社食を見せてもらったときに感じた違和感が多分ここ。オシャレでかっこいいけど、どこか地に足ついていなくて観光地みたいな感じがするのネ。しかも「みんなのため」の場所だから「来た人みんなが満足できる」ようメニューを増やす。結局「会社の中にあるレストラン」みたいになってそれは「中途半端なレストラン」。魅力がないから、そういう社食のほとんどは人があんまりいなかったりする。

ボクにとっての社食は「みんなが同じものを食べることで仲間という実感を得る」場所であって、そういう社食があったら仕事がどんなにつまらなくても毎日行くなぁ…。だって胃袋には人を動かす力があるもの(笑)。

ちなみにココのこの料理。鶏の胸肉にチリソース…、それが3かけ。タイ風さつま揚げが一個に野菜のグリーンカレー風。青菜とひじきのおひたし、セロリとレモンのマリネというモノ。おそらく原価にすれば500円足らずという内容。これを週休二日の会社として毎日食べても1万円。会社が負担してくれたりしたら、給食を食べるためだけに会社にいくのも悪くない。

昔タイプの経営者はこう考えるでしょう。
毎日500円のモノを食わしてやるよりも、月に一回、予算1万円で飲み会をすればいいじゃないか。自分じゃなかなか食べられない美味いものを食わせてやったほうが絶対感謝されるに違いない…、って。
その考えは「働かせてやっている」社長の考え方で、それは政府の「働き方改革」が実は「働かせ方改革」であって絶対、実を結ばないに違いない虚ろな政策っていうのと同じ。

それにしてもお盆の上に何も考えずに置かれたペーパーナプキンに紙おしぼりというこの無駄なモノ。自分の手をキレイにしないと気がすまない人は、自分でおしぼりをもってくればいい。あるいはお店の一部に手洗い場を設けて洗ってもらえばいい。
コストダウンで利益を出すのに一生懸命な飲食店が、し易いコストダウンは人件費を削ること。お客様に犠牲を強いるこういう部分のコストはカットしようとしない。間違ってるな…、としみじみ思う。不思議なり。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. もう一人の食いしん坊

    榊さん、こんにちは。

    レストランに行って、本当に必要なのかな?
    と思うものの1つが紙おしぼり。
    みんなの手がそんなに汚れているとは思えないし、
    食事の前には手を洗うのがマナーだと思うのです。

    レストラン側が、それがないとお客様が来ないと、
    強迫観念のように思えてなりません。

    何も言わずとも出て来るお水もそう。

    あればありがたいけど、ないから行かないということもでもない。

    地球に優しくないし、無駄なコストだなあといつも思います。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      もう一人の食いしん坊さん
      ボクはこうして出される紙おしぼりは使いません。代わりにウェットティッシュを持ち歩くことにしているんですネ…、でもそのウェットティッシュも殆ど使わないんですけれど…。
      人の手が汚れていると感じる風潮が、ゴム手袋をしたまま調理をして当然なムードや、中には素手で握ったおむすびや、作ったサンドイッチを食べられないメンタルを作り出しちゃった。
      使い捨てのゴム手袋もコストの一つ。
      不思議だなぁ…、って思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。