白油鶏

ml1ml2ml3

夜、近所の中国料理レストラン「木蘭」にくる。数週間ぶりにしてなんだかスゴく長い間、来ていなかったように感じるオキニイリ。
お店に入るとノーゲスト。なんと貸し切り。料理がテキパキやってくる。
まずは必ずたのむ白菜の酢漬けを食べて、お腹の準備をたのしくおこなう。酸っぱくしかもシャキシャキしてて、噛むと歯茎がくすぐったくなるような歯ざわりがとても爽快。お腹が空きます。
それから春巻。トロトロ熱々、しかもパリパリ。いろんな食感、味わいが一度に口にやってくる、たのしい料理。オキニイリ。

ml toriasひな鳥の唐揚げをください…、と言ったつもりがやってきたのは「ひな鳥の蒸し物」でした。
白油鶏。
あららと思いはしたけれど、揚げ物をあまり食べぬよう気遣ってくれた結果と思って、そのまま食べる。

鶏胸肉をシットリ仕上げて、口の中でバッサリほぐれる。
最初はキチキチ、奥歯にからんでそれがたちまちとろけてく。
さっぱりしていて、なのに旨みがしっかりしてて、鶏胸肉って本当はおいしい。なのに日本では冷遇されてて、モッタイナイなぁって思って食べる。

野菜の料理を何かと思って、メニューをみたらアスパラガスのオイスターソース炒めというのがあってそれ。
強火でジャジャっと炒めて仕上げた料理でしかも、ネギに生姜、ニンニクが細かく刻まれ入っているのが、料理だなぁ…、ってしみじみ思う。

ml mesiml tamagochahanそれからココで必ず食べるカニ玉たのむ。

昼には昼限定の天津飯があって、それが人気。
ふっくらとした玉子の中に、ありがたいほどタップリのカニの肉が入ってて、東京にあって甘酢ではなく鶏がらスープをベースにとろみをつけたあんがタップリかかってる。
夜には天津飯はないのだけれど、かわりにカニ玉。
昼の天津飯よりも多めに蟹肉が入ってて、贅沢ったらありゃしない。

一緒に今日はチャーハンをたのむ。
チャーシュー、ネギ、玉子を使って仕上げたパラパラチャーハンで、ただやさしい味わい。
ラーメン屋さんのチャーハンは、それだけモリモリ食べるモノ。あるいはラーメンの強い味にも負けぬように出来上がっている料理でだから大抵濃い味。
ところがココのチャーハンは、料理のお供。あるいは最後の仕上げに食べる〆の料理の様相強くて、だからやさしい味付けで、そこにカニ玉をどっさり乗せて食べると程よい。

程よい上にシットリとした玉子の食感や、とろみスープがからんでチャーハンの焼いたお米のパラパラ感が引き立つゴチソウ。
卵スープをお供にもらい、体のすみずみシットリさせる。オゴチソウ。

 

関連ランキング:中華料理 | 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。