朝、生のパッタイにドリップコーヒー

東京駅の朝、マンゴツリーパッタイにくる。
名前の通りマンゴツリーが経営するパッタイの専門店。東京駅の駅構内には同じマンゴツリーのフォーとガパオライスの専門店「マンゴツリーキッチン」がある。
その両方に共通しているのが入り口脇に物販コーナーがあって、そのイートインって感じで店ができているとこ。特にマンゴツリーキッチンはイートインコーナー感が強くて、テイクアウト用の商品を温めなおしてお皿に盛り付けなおしたような商品イメージ。キッチンもとても小さい。
一方、こちらはしっかりとした厨房があり注文ごとに料理を作る。かなり本格的な飲食店です。それというのもここのパッタイは全部フレッシュ。日本では乾麺なのが当たり前だったのを、生のパッタイで差別化を…、ってコトなんでしょう。かなり気合いが入ってる。

注文すると厨房の中がにわかに忙しくなる。
野菜を焼き上げる湿った音がして、麺をおそらく加えたのでしょう…、音が一旦おさまったかと思うと今度はおいしい匂いがやってくる。
徐々に音がおさまってきて、代わりに匂いが香ばしくなる。
大きなトレーにメインのパッタイ、チキンスープがのっかり到着。
朝食用のパッタイは量が少々控えめです。
麺が少ない分だけ野菜が多く感じて、朝のお腹にやさしげなのがなんだかうれしい。
モヤシにネギ、玉ねぎにサイコロ状に刻んだ厚揚げ。炒り卵状になった卵がちらかり、乾燥させたオキアミがたっぷりのっかり彩添える。具材はほとんど野菜というのが軽い感じでまたうれしい。

麺はスープを吸い込み飴色です。食べるとムチムチ、食感独特。見た目はそんなに分厚く見えない。なのにその独特のムチムチ感で、口の中では分厚く感じる。存在感があるのですネ。しかも野菜のシャキシャキ感と好対照で、違いが互いを引き立てあうような感じもたのしい。オモシロイ。
テーブルサイドに薬味がたっぷり。ヌクマムにお酢、ガーリックオイルに赤唐辛子の粉末、それからグラニュー糖。お皿のサイドにライムがひとかけ。
まずはそれを搾ってパクリ。明るい酸味と緑の香りが口の中に朝を呼ぶ。グラニュー糖をほんのちょっとだけ、それからたっぷり赤唐辛子。甘さと辛さの間を行ったり来たりしながらお腹が満ちていく。

 

関連ランキング:タイ料理 | 東京駅二重橋前駅大手町駅

 

移動までの時間にコーヒー。
ファイブクロスティーコーヒーっていうドリップコーヒーの専門店。
オモシロイ構造の店で改札口の外と中に客席がある。厨房は一ヶ所で商品の注文口と受け取り口がそれぞれ中と外のホールに向かって作られている。セルフサービスだからできるコト。しかもコーヒーという扱いが簡単な商品を扱っているからできる工夫がうらやましい。
ただこの店。通勤客の移動動線からほんのちょっとだけ離れた場所にあるからでしょう…、便利な場所にあるというのにそれほど混雑していない。
コーヒーもそのお供にと用意されてるメニューが凡庸。シングルオリジンのハンドドリップコーヒーを売り物にしているというのに、それをたのむと「お時間頂戴したしますよ」迷惑そうな顔をしたりするから多分、わざわざくるまでもないとみんなに思われているのかもしれない。
勿体無いなぁ…、いつも座れてしかものんびりできる程度のにぎわいが、ありがたいけどお店の人は大変だろう…、って思ったりする。さて、移動。

 

関連ランキング:カフェ | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。