生のパッタイ、コーヒーで朝

東京駅で朝。マンゴツリーパッタイにくる。
日本では乾麺が当たり前のパッタイ。ここでは生麺でたのしめる。
お土産物や食品、弁当を販売するフロアにズラッと飲食店が並んだ施設。他にはおむすび屋さんに韓国料理、ベーカリーカフェとどこもがお店の前に物販商品を並べて販売。
その関連商品がイートインで味わえるというスタイルが、今っぽくってオモシロイ。
お昼時や帰宅時間には人で溢れかえっているフロアで、でも朝は静か。同じ場所かと思うほど。この店もボクが多分ファーストゲストなんでしょう…、テーブルにつき小売フロアの方をみると芝居がはじまる前のステージを、舞台裏から見ているみたいでちょっとワクワク。

テーブルの上に並んだ調味料。
ヌクマムにお酢、砕いた乾燥赤唐辛子、クラッシュナッツにグラニュー糖と小さな器の中の色とりどりをみるとこれからタイ料理を食べるんだなぁ…、ってお腹の準備が整ってくる。
厨房の方からジャージャー、野菜や麺が炒められる湿った音がしばらく続きやってきたのが「朝のパッタイ」。サイドのスープが今日はワカメのスープで、ワカメの香りがふわりと漂う。
叙々苑に来たような気持ちがしてくる…、ワカメの香りの独特なこと。お皿の上にこんもり料理がやってきて、乾燥オキアミのピンクが彩添えて華やか。しかも以前食べたものよりちょっと量が多くなった?って思ったりする。

ただよく見ると増えたのは麺。以前のこれはモヤシやネギ、厚揚げ、卵と具材たっぷり。まるで野菜炒めの中に麺が混じっているって感じの料理だったのに、いわゆる普通のパッタイになっちゃった。
原価をあげず量を増やす工夫をしたらこんな感じになっちゃった…、ってことなんでしょう。たしかに以前の朝パッタイは少々少なめ。でもその少な目が朝のお腹にはよかったのになぁって思って食べるムチムチした生のパッタイはさすがにおいしく、時折まじるモヤシのシャクシャクした食感がそのむっちりを引き立てる。ライムを搾った指の香りがさわやかで、お腹もしっかり満たされる。

 

関連ランキング:タイ料理 | 東京駅二重橋前駅大手町駅

 

移動までちょっと時間があってお茶。
「ファイブクロスティーズコーヒー」というコーヒー専門店。
広いコンコースに面した店でしかも、厨房を挟んで改札口の外と内側にそれぞれ客席があるという店。面白い。
品揃えは本格的なのだけれど、あまりいばったところがなくてラテ、カプチーノ、フラットホワイトのそれぞれの違いをわかりやすくメニューに図解してくれたりする。
なるほどフラットホワイトが1番ミルク感が強いんだという説明に、結構上手っておもったりしてフラットホワイトを選んでたのむ。ふっくらとした泡。コーヒー風味のミルクを飲んでみたいなやさしさに、なるほどこれがミルク感!って思ってニッコリ。ゆっくり移動といたします。

 

関連ランキング:カフェ | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。