甘くて甘い助け合い。太くて短く時間がかかるNY的

六本木で待ち合わせ。朝の時間でならば待ち合わせをシナボンで…、って約束をする。
シアトルズベストコーヒーに間借りしたような感じの店で、入り口脇で朝からシナモンロールを作ってる。
入り口を入るといきなりシナモンの甘い香りが鼻を直撃。
シアトルズベストとしてはコーヒーのおいしい香りを第一印象にしたいところだろうけれど、どっちが印象として強いかと言えばまず確実にシナモンロール。しょうがない。
アメリカから鳴り物入りでやってきたときには大行列で、ありつくのに1時間待ちなんてこともあったけど、今となってはすぐに入れてすぐ食べられる。朝一番に出来たばかりのシナモンロールを、シアトルズベストのおいしいコーヒーをお供に食べるってなんてステキと思ったりする。

そういえばシアトルズベストコーヒーも早い段階から日本でがんばっていたけれど鳴かず飛ばずで西日本では駅ビルブランド。東京ではこうしてシナボンと一緒に生き残りを模索している。自分だけの力でかたくなにがんばるよりも互いに互いを助け合いつつ残っていくのもまたアイディア。
それにしてもシナモンロールのおいしいこと。ツナとチェダーチーズのクロワッサンをメインにしたから小さなサイズのミニボンにした。
できたてだからふっくらやわらか。アイシングシュガーがとろけて糸を引くようにほどけてく。ぺとっと舌に張り付いてジュワッと砂糖がとけつつ甘く切ない香りを吐き出していく。おいしいなぁ…、ハワイではじめて食べたときにはこんなおいしいモノがこの世にあるんだって思ったほどのおゴチソウ。普通サイズを1個食べれば良かったかもって思うおいしさ。オキニイリ。

 

関連ランキング:スイーツ(その他) | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

 

渋谷に移動して先日、下見をしておいた「ミヤシタパーク」のフードホールで昼とした。
目当ては一風堂がやってる「クロオビ」。
ニューヨーク発、海外専用ブランドを日本に逆上陸させたというのが売りでちょっと気になり試してみました。
フードコートスタイルだからセルフサービス。一風堂の最近の主戦場がフードコートだからさぞや仕組みが出来ているんだろう…、と思って厨房の中を見ると人、人、人。小さな厨房にぎっしり10分ほどが突っ立っていてノロノロ仕事をしているんだか、していないんだか。
10分以上待ちました。ビーパーは渡される。だから座って待っていてもいいのだろうけど、その一方でテイクアウト推しでもあってなんだかちぐはぐ。待ってる間にパンダエクスプレスでオレンジチキンとフライドライスを買ってそれでもまだ待った。

特製ラー油を使って真っ赤に仕上げた赤帯にフライドポテトにアイスコーヒー。フライドポテトが選べるというのが俄然ファストフード的を発揮して、しかもそのフライドポテトがおいしいことにちょっとびっくり。
スープは濃厚白湯でラー油はクミンの香りが力強くてアジア的。紙のカップでなく普通に丼で提供すれば十分おいしいラーメンだって思えるんだけど、紙のカップでなのに単品価格990円。セットにすると1290円でござんした。
紙カップだから手にもつと熱い。だからレンゲと箸で食べることになるのだけれど、なるほど麺が短くてそういう食べ方が似合ってる。麺は太くて縮れてて、だから調理時間がかかるんでしょう。その分、テイクアウトにも頑丈で食べててずっと伸びないところは今的なのかもしれないなぁ…。
このラーメンのへんてこりん具合に比べて、パンダエクスプレスの炒飯とオレンジチキンのおいしいことに、お店が着実に増えて続くということはおいしいことが前提にある…、ってしみじみ思った。さてクロオビは一本勝負に成功するのでありましょうや、どうだろう。

 

関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅明治神宮前駅神泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。