珈琲貴族は愛煙家を見捨てなかった…、のだ。

珈琲貴族エジンバラ。24時間営業にしてどの時間帯にも店の状態が凛として崩れぬ奇跡のような喫茶店。
しかもずっと喫煙者にやさしい営業をしていて仕事仲間のオキニイリ。
果たしてこの4月から喫煙席がどうなるか。ハラハラしながら来てみると、ビルの入り口部分の看板に「喫煙目的店」と表示があった。喫煙席と禁煙席の混在営業をやっているというコトで、仕事仲間のよろこばんこと。
珈琲貴族は喫煙者を見捨てなかったってコトでしょうね。
お店に入ると最近ほとんど嗅ぐことがなかったタバコの匂いがしてくる。これを嫌いという人は多い。けれどボクも30代までタバコを吸っていたこともあり、タバコの匂いはなつかしくもある。ただ愛煙家を大切にするためには犠牲も伴う。20歳以下の従業員もお客様もこの空間に入れてはいけない…、だからファミリーのお客様はお断りしなくちゃいけなくなっちゃったんですと。それでも完全禁煙を選ばなかった。それも商売。揺るぎない。

ブレンドコーヒーを作ってもらう。
サイフォンだてのコーヒーで、一杯、一杯、コーヒーを落としたフラスコを手にお店の人がやってきて、目の前でコーヒーをカップに注ぐ。
いつもはコーヒーを注いでくれる間、ずっと笑顔でニコニコしながらときに会話をたのしんで…、って具合だったのだけど今はみんなマスク着用。
顔の表情はみえないけれど、いつものように笑顔でサービスしてくれているんだろうなぁって目の表情を見て思う。

ちなみにこの店。
お客様のことを本当によく観察して覚えてる。
ボクはコーヒーに砂糖を入れない。ミルクも使わずストレート。だからスプーンが必要なくて最初はいつも使わないからって戻してた。今ではボクにはスプーンなしでいつも提供。いつもここで打ち合わせする愛煙家氏は砂糖をたっぷり入れて頭の栄養にする。だからスプーンを持ってくる。
こういう小さなことが人を感動させる。
おなじみさんになれてよかったと思うシアワセ。コーヒーもおいしいけれど心遣いがもっとおいしい。午後のコト。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

夜は家ですき焼きにした。
先日、テレ東の番組「出没!アド街ック天国」で浅草ちんやの若旦那さんがすき焼きをおいしく食べる方法として、割りほぐした玉子にヨーグルト入れるといいんだ…、と言っていたのをみて、どうにも試したくなったから。
「甘くて辛くて旨い」というのがすき焼きの味の特徴。
けれど食べ続けると飽きてしまうという欠点もある。
それを飽きずに食べられるよう、途中で味変するといいんだというので試して見たわけです。
ただ、ボクは生卵を食べられない。
だからすき焼きに直接、プレインヨーグルトをちょっとのっけて食べてみる。そしたらこれがおいしくびっくりします。
最初の一口目だけ乳脂肪分の香りがちょっと気になりはする。けれど発酵系の酸味や風味、そして旨味が割り下の甘さをやわらげ、脂をスッキリしてくれる。つきあってもらった友人に割りほぐした玉子とヨーグルトの組み合わせはどう?って聞くと、ヨーグルトが入っているとは思えぬほどに自然でおいしく、なんで今までこうして食べなかったんだろうって思うほどって言われてなるほど。好奇心の数だけ料理は新しくなる。感心しました。オキニイリ。

ところで近所の荒木町。
もともと夜にぎやかなエリアです。
歓楽街というわけじゃない。小規模の飲食店が路地にぎっしりならんだ町で、はしごするのがたのしいのどかなにぎわいが特徴。
昼から開ける店があり、近隣にオフィスもあるからサラリーマンでにぎわいもする。

でもやっぱり街の主役は酒をうるまううまいもの屋。
チェーンストアがほとんどなくて、お店を切り盛りする人の魅力が一番のご馳走だったりする街でもある。
だから今のような時期はとても大変。夜はほとんどの店が休業していてひっそりしてる。
けれどたくましいかな…、今まで夜しか営業していなかった店も昼に店をあけ営業したり弁当売ったりと一生懸命。オモシロイのが天ぷら屋が天丼を売るかと思うとカレーを売ったり、炉端焼きの店のランチがスパゲティーだったりと自由なところがいいなと思う。

そんな中でも行列ができるお店が一軒あって、一条流がんこラーメン総本家。マスクをしたおじさんたちが自主的に適度な間隔を保って並んで順番待ってる。こんなときにも並びたくなる店は本物と思えばいいのか。それともこれを不謹慎と思えばいいのかかなり微妙な景色でござった。なやましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。