珈琲貴族で雑炊の朝

昨日の天気が嘘のような冷たい朝です。雨も冷たく、その雨を散らす風まで冷たくて傘をさす手がかじかむ師走。
家から新宿三丁目をノシノシ歩く。
歩いているとちょっとづつ体が中からあったかくなり、目的の場所に着いたらポカポカだった。
珈琲貴族エジンバラ。
おいしいコーヒーを飲みながらたのしい話で盛り上がりましょう…、と今日はここで打ち合わせ。時間が早くついちゃって、せっかくだから朝食をとる。パンがメインの洋食セットが2種類と雑炊セットという品揃え。今日みたいな朝には雑炊食べてあったまるのが一番でしょう…、と雑炊セットをブレンドコーヒーでお願いをした。

24時間営業の店です。
今でこそ伊勢丹近くの健全な場所で営業してるけれど、昔は歌舞伎町にあった店。それでも夜中も荒れることなく健全ムードを保っていたのが立派で安心してられた。
ただ、朝にお店にいくと疲れ果てた表情のおにぃさんやらおねぇさんが酔い覚ましのコーヒーを飲んでグッタリしていたものです。
そういう彼らに朝の雑炊。なんと粋なはからいだろうと感心してた。
今じゃ二日酔いでなくても朝の雑炊がうれしい年頃。来年数えで還暦です(笑)。まずはサラダがやってきて一緒に空っぽのコーヒーカップ。サラダを食べ終わる頃に雑炊がやってくる。コーヒーカップは空っぽのまま。まずは雑炊…、ふうふう食べる。

ご飯はおそらくお茶碗かるく一杯分ていどでしょう。
サラサラの出汁。
厚めにスライスした玉ねぎがシャリシャリ、歯ざわりいい状態で入っているのは、おそらくピザトースト用に仕込んだものでしょう。乾燥わかめに錦糸卵、ネギに刻んだ海苔がパラパラ。
カニの味がかなりしっかりきいたスープで、その正体は刻んだカニカマ。珈琲貴族ではあるけれど、朝の雑炊は案外庶民的というのにクスっと笑う。やさしい味とサラサラお腹の中に流れ込んできて温める。朝の雑炊っていいなと思う。
半分食べた頃合いでコーヒー到着。サイフォンだてのコーヒーを、フラスコのままもってきて眼の前で注いでくれるのがココのスタイル。背筋の伸びた笑顔さわやかなスタッフに注いでもらえるというのがここのおいしいコーヒーを一層おいしくしてくれる。

雑炊もスッキリお腹の中に片付いて、さて、コーヒーを本格的に味わいましょう…、と思ったところにデザート登場。アイスクリームのココアパウダーがパラリと散らかるシンプルなもの。朝ご飯からデザートがついていくるとは貴族的(笑)。
ブレンドコーヒーをかけてアフォガート風にしてパクリ。おいしいなぁ…、バニラの香りとビターなコーヒーの組み合わせ。
そうこうするうち打ち合わせの相棒がきて、コーヒー変える。ストレートコーヒーのコロンビア。軽くてサラッとした飲み口なのに苦味の輪郭がはっきりとした素直な味わい。話がどんどん広がっていく。
ガツン!と苦味がしっかりとしたコーヒーはないんですか…、と聞くと水出しコーヒーをあたためたのがおいしいですよと言われて試す。いやはや、これにはびっくりしました。濃い。強い。なのにゴクゴク飲める上、たくさん飲んでもお腹が重たくならないステキ。いい朝でした…、木曜日。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。