珈琲貴族エジンバラ、メロン味したバーバララ

珈琲貴族エジンバラにて打ち合わせ。
ここ数ヶ月、定期的に仲間で集まり未来の夢を語り合ったり整理をしたり。
たいていボクが後から合流。
お店に入った途端に「あちらでお待ちですよ」なんて言われて案内されるのが常。ところが今日はボクが最初に到着をした。
「今日はお一人でらっしゃいますか?」なんて言われて、おなじみさんの気分に浸る。

壁際、端っこの落ち着く席に陣取って、ぼんやりと待つ。
メンバー揃ってコーヒーたのむ。

それにしてもいつのほどよくニギヤカな店。週末なんかは混雑して座れないこともあったりする。けれどさすがに平日の午後。寂しくない程度にお客様が集まっていて、一人でのんびりコーヒー飲んだり、仕事の話に没頭したりと、それぞれ自分の時間をたのしく過ごしているのがいい感じ。
しかもこの店。24時間営業で、にもかかわらずお店のムードが荒れることなくいつも明るく整っている。スゴイなぁ…、といつも感心。

コーヒーをたのむとまずカップをテーブルに持ってくる。
そして一杯、一杯、サイフォンで丁寧にコーヒーを入れ、おとしたばかりのコーヒーが入ったフラスコを手に持ちやってくるのですね。トレーの上にカップをのせて、フラスコからコーヒーを注いでどうぞとテーブルに置く。
作業の間、ずっと笑顔で明るくふるまう。それがステキでいつもウットリながめてしまう。

コーヒーはとてもやわらか。酸味控えめで香りもやさしい。個性的というよりも記憶に残らぬおいしさとでもいいますか。たくさん飲んでもお腹が重たくなったり、頭が痛くなったりしない。
だからなぜだか、いつもココではおかわりしちゃう。おかわりごとにしっかりサイフォンでおとしてトレーの上で注いでくれる。注いでくれるおそらくほんの1分、2分。会話や仕事を忘れてウットリ、作業をみつめる時間はステキな句点の役目を果たしてくれる。ありがたいなぁ…、と思う店。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

それから移動で歌舞伎町。
ココ数年で歌舞伎町は様変わり。かつてのココの昼はまるでゴーストタウンのようだった。けれど最近は海外からの観光客で昼からニギヤカ。
コマ劇場が映画館とホテルのビルに変わってからは、ビルの影からゴジラが顔を覗かせる景色を写真に収めようとやってくる。
映画館の街を変えるパワーは想像以上で週末なんてファミリーや年令問わぬカップルが街にあふれる。昔じゃ想像できない景色。

映画館のビルの一階にクリスピークリームドーナツがある。
そう言えばかつて歌舞伎町の入り口にはダンキンドーナツの大型店がありました。目抜き通りには回転木馬が置かれたミスタードーナツの大型店があったりもした。もしかしたら歌舞伎町にはドーナツショップを呼び込む何かが巣食っているのかもしれないなぁ…、なんて思う。オモシロイ。

季節のキャンペーンドーナツが今はなんとバーバパパとそのファミリー。ピンク色したバーバパパはストロベリー。黒いバーバママはカスタードチョコ。緑のバーバララはメロン味で、バーバズーは黄色いキャラメル。

ひさしぶりに解体ショーだなぁ…、と思って緑のバーバララを一体。首を引っ張るとぽろりと取れて、首の周りのアラザン散らかり、殺人事件な様相呈する(笑)。
腹の部分をパックリ割ると、中はオレンジ。外側緑はハニーデュー。中はカンタロープってコトでしょうか。
緑もオレンジもしっかりメロンの香りに味。サックリとろけるドーナツ生地と一体となり口の中をクリーミーにする。
そう言えばバーバファミリーは土から生まれてどんな形にも変身できるという設定。こんなおいしい土があるなら、手に入れたい…、って思ったりする(笑)。最後に目玉が一個残って、成仏めされよとパクリと食べて、冥福祈る。オキニイリ。

 

関連ランキング:ドーナツ | 西武新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。