珈琲西武で洋風オムレツ?のついた朝食

新宿で朝。ひさしぶりに喫茶店の朝食にする。
「喫茶西武」というお店。
パチンコ屋さんの上という、大型の昭和喫茶にありがちなロケーション。天井一面ステンドグラス。真紅のビロードのソファとどれもが昭和な感じ。なつかしい。
2階、3階にお店があってかつては全館喫煙だった。徐々に禁煙席が増えてきて今では2階喫煙、3階禁煙と半分半分になっちゃった。ただ朝食時間は2階だけの営業で、煙と一緒に朝ご飯。
それにしても本当にムードがなつかしい。今でもレジの横にある電話がなって、お店の人がお客様を呼び出す声が聞こえてきそう。大きなワンホールなんだけど、柱があったりテーブル配置が工夫されてたり死角があって怪しい気配のおじさんたちがひそひそ話をしていたりした。今やずいぶん健全になったものです。

かつてココにはカレーライスがついてくる朝食セットがあったのですネ。ゆで卵にトースト、サラダ、それになぜだかカレーライス。そのカレーが案外おいしくていつも来るたびそれだった。3年ほど前からそれがなくなりローストチキンのサンドイッチに変わってしまった。なんだか普通で至極残念。
それでトーストがおかわり自由のセットをたのむ。
まずは一枚ふた切れのトースト、レタスにポテトサラダにオムレツ。トーストの下にはバターとジャムが隠れていたりする。しかもレタスの脇に置かれたマヨネーズがかなりたっぷり。これだけあればお替りをしたトーストもさみしくないか…、って思ったりする。
ボクの横にいた体の大きなおにぃさんがトーストお替り。しかも2枚四切れをお皿の上に積み重ねもりもり食べてた。見ていて胸がすくようでした。ボクはお替りしないで十分、おじさんだもの(笑)。

表にあったメニューで気になったのが「洋風のオムレツ」という表記。
オムレツってそもそも西洋の料理であって、それがわざわざ洋風と名乗るというのはいかにも面妖。
一体なぜ…、って思ってみると、これがスパニッシュオムレツだった。
普通のオムレツと違う。
和風ではない。スパニッシュとかイタリア風とかとうたうことはいささか窮屈。それで「洋風」としたのでしょう。
そういえば、この前「うちのカルボナーラはローマ風です」と生クリームを使わぬことを誇らしげにうたった店にであったけれど、カルボナーラは生クリームを使わぬモノで、それ以外のものを日本風とかアメリカ風とかと呼ぶべきだよなぁ…、って思ったりした。「風」なる言葉はなやましい。

カサカサとしたトーストです。生地がこまかくみっちりしてる。そのまま食べると唾液を吸い込み、口の中を乾かすトースト。ポテトサラダにマヨネーズまぜぽってりさせてパンにのっけるように味わう。
これでなんとか口の中の潤い守れて、安心できる。
隣のトーストお替りをしたおにぃさんは、コーヒー全部飲み尽くし、それでもトーストがまだ残ってる。トーストはお替り自由、でもコーヒーや飲み物のお替りはなんと一杯定価の500円。だからお水で一生懸命食べていました。かわいそう。
酸味おだやかで、昭和喫茶の割りにはごくごく飲みやすい、クセないコーヒー。大きなピッチャーにタップリ入ってやってくるミルクを注いで口を潤す。さすがにマヨネーズまみれのポテトサラダは残して終える。さてさて仕事。ニッコリと。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. miatamore

    ローマ風カルボナーラが生クリームを使わないバージョンを意味するということに軽く衝撃を受けました。そこで、心に巣食っている疑問がまたぞろ浮かんできます。ナポリ風ピッツァ。いつもこの表記に悩みます。イタリアでは、ナポリで作られるようなスタイル(形も味も)をピッツァ・ナポレターナと呼びますが、これを日本語に訳す時に、ナポリ風ピッツァとするのは違うんじゃないか...と違和感を持て余すのです。本場なんだから、ナポリ式、とでも言った方がいいのでは、と。”風”という言葉には、”なぞった”感があるように思って、この言葉を書いたり、発言する時、いつも悶々としています。一方で、日本でピッツァ・ナポレターナを掲げるお店は、正統スタイルに倣っているので、ナポリ風と訳して間違いじゃない。といった具合に、言葉選びに悩みます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      miatamoreさん
      日本人は何かを器用に真似て「○○風」を作り出すのが上手な国民。
      その軽やかな「風」を心地よいと思って愛でるお客様にも問題があるのでしょう…、真剣に真似たものを再現してしまうと「重たい」だとか「舌に合わない」と遠ざける。
      風は吹いたらなくなっちゃうのに。
      風は吹きすぎるとなにかもなぎ倒してあとになにも残さないのに。
      風が好き。
      なんだかなやましくなっちゃいますね。
      そして果たして、今の日本の料理は本当の日本料理なのかしら。もしかしたら日本料理風の日本の料理がのさばっているのじゃないかしら…とも心配します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。