珈琲舎BUNでバン

朝、BUNで朝食。
伊勢丹会館の一階の奥。入り口近くのカウンターだけが禁煙席といういまだ喫煙天国の喫茶店。
空調システムはいつも同じのはずなのに、スゴく煙たいときもあればまるで煙が気にならないときもあったりするのがおもしろく、今日はまるで煙が気にはならない朝。
喫煙席に座りながらも、タバコを吸わずぼんやりしている人が案外多くてビックリ。
それに最近、電子タバコを吸う人が目立つようにもなってきて今日もボクの両側の人は電子タバコで煙、匂いが気にならなかった。ビルの中にあって変則的な形のお店。そのお店の形に合わせてしつらえられた不思議な形のテーブルについてぼんやり。さぁ、朝ご飯。

ココで一番のオキニイリがメキシカンドッグというこの料理。
パンは普通のドッグロール。生地があらくて空気をたっぷり含んで焼けているから手にも口にも軽い仕上がり。その真中にスリットいれて、普通ならばソーセージや卵サラダ、ツナサラダのような具材を挟むところ、代わりにミートソースを挟んで食べる。胡椒、タバスコでちょっと辛めに出来上がっていてそのみずみずしさでパンがとろける。レタスとトマトがみずみずしさを一層ひきたて、口の中が潤う感じ。

ゆで卵が一個ついてやってくる。
さわるとまだほんのりあったか。
ズッシリ重たく、なんだかおいしげ。
テーブルの上をコンコン叩いて、殻にいくつかひびを入れ、その一か所を手がかりにして指をひっかけペリッとめくる。
うれしいことに膜が殻にくっつき剥げて、そのままキレイにペロンとむける。
表面ツルツル。
そのスベスベをムチュンとふたつに割ってパラリと塩をふりかけパクリと食べる。口に含むと白身はプルプル、黄身がトロンととろけてく。

ゆで卵ってなんでこんなにおいしんだろう…、ってウットリ食べる。
半分そのままたべたら残りをホットドッグに挟んでパクリ。ミートソースと玉子がとろけて口の中が満ちるおいしさ。オゴチソウ。

それにしても今朝は本当に蒸し暑い。
鼻風邪はひと段落したようではあるのだけれど、この蒸す気候に今度は体が負けてしまいそう。
雨が降るなら降るできっぱり降らせてくれればいいのになぁ…、って思ったりする。
アイスコーヒーやお冷のグラスにびっしり水滴。

あらかじめ砂糖を入れて甘くしたアイスコーヒー。渋みおだやか。酸味が旨みにかわってく朝のゴチソウ。今日はユックリ仕事をしましょう。マイペース。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。