熱い料理がおいしい季節になりました…。

月曜日。夕方から冷たい雨が降ってきて、近所で夕食。
ひさしぶりに「珉珉」に来る。赤坂にある餃子がおいしいので人気の珉珉の姉妹店。
気軽な店でたいてい近所のおなじみさんがカウンターでお酒を飲んでる。キープボトルの焼酎の瓶。業務用の焼酎や4リットル入りのジムビームの瓶がデーンっとカウンターの上に置かれて、気軽に飲んで…、と誘うよう。
厨房の中からジャジャっと何かが炒められる音。煙に混じっておいしい匂いがやってきてお腹を鳴らす。まず唐揚げをたのんで食べる。
水をグイグイ揉み込んで、調味料と一緒に粉を放り込んだらこんがり揚げる。なんでこんなにふっくら、しっとり揚がるんだろう。肉も衣もみんなふわふわ。ライムを搾ってマヨネーズをたっぷりまとわせバクッと食べる。

二人でいって定食ふたつ。
青椒肉絲の定食をひさしぶりにたのんでみました。
ジャジャジャジャジャっと湿った音が徐々に軽い乾いた音になっていって、油がちょっと焦げたような匂いがしたぞ…、と思った途端に音が静かになって仕上がる。
この「焦げたような匂い」というのが大切なところで、細切りピーマン、たけのこ、牛肉がみんな焼ききれて仕上がっている。水分がキレイに追い出され旨味が凝縮された状態。家じゃなかなか作れない。
もうひとつはマーボーラーメン。実はこれが今日の目当てで、好きなんですネ。麻婆豆腐はお皿の上でもご飯の上でもなく、ラーメンの上にのっかりタプンタプンとしながらやってくるのが居心地良さげでおいしく見える。餃子とミニチャーハンをセットにたのんでひと揃え。

赤坂店でも人気の餃子。野菜と肉のバランスがよく、皮はムチムチ。中にくるんだあんが威張るわけでなく、皮が主張しすぎるでないこれぞ餃子という感じ。
こんがり焼けててあんはとろける。醤油は使わずお酢だけかけて、胡椒をタップリふりかけ食べるのがここの餃子をおいしくたのしむ小さな工夫。
チャーハンもご飯パラパラ。ほどよきおいしさ。刻んだ叉焼、ネギに玉子と具材はひそやか。その分、焼けたご飯の味わいやふかっと奥歯を沈めるような食感を心置きなくたのしめる。
醤油スープに麻婆豆腐。シコシコとした麺と一緒にふるふる豆腐が口の中にやってくるのが面白く、テーブルサイドの激辛一味をたっぷりふって食べるとヒーハー。辛味で味が引きしまる。急に温度が下がる夜。風邪引かぬよう体を芯から温めた。

 

関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

 

火曜日の朝、ドトールコーヒー。ひさしぶりに来ていつものスタッフの顔があり、いつものように「おはようございます」なんて挨拶されてゴキゲンになる。
朝食セット。
季節ごとにメインのサンドイッチが変わったりしていつも大体4種類ほど。でもやっぱり定番のハムと玉子のサンドイッチを注文します。
これ専用の小さな食パン。カサカサ乾いてキレイに焼けて、ハムにレタスに玉子サラダ、トマトを挟んでざっくり2つに切り分ける。噛むとクシュッと潰れながら前歯くすぐり口の中へと飛び込んでくる。
ハムの旨味にたまごサラダのポッテリ感。レタスの軽い渋みにトマトの酸味、甘みが混じっておいしい。
お供に熱いカフェラテもらう。この組み合わせがおいしい季節になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。