熊本朝、喫茶店の朝、ホテルの朝

金曜日の朝。長い移動で熊本につき、朝ご飯を郊外にある喫茶店にて。星乃珈琲なるチェーンストア。
コメダ珈琲がブレークしてからそれを真似るチェーン店がかなり増えた。
中でも成功しているチェーンの一つなんでしょう。すごく繁盛しているか…、というとほどよく静かで、ほどよくニギヤカ。この店は隣に和風スパゲティーの専門店が併設されててキレイに整備された中庭を囲むように設えられた離れのような客席がいい。
ハンドドリップのコーヒーが売り物でもあって、味はほどよい。
苦味も酸味も甘みも旨味もほどよくて、よく言えば平均点的、ざっくばらんにいえば印象に残らぬ特徴のない味。まぁ、七面倒臭い顔して珈琲グルメを気取るような店でもなくて、ぼんやり時間をたのしむお供にコーヒーがあればなおいいんじゃない…、って感じの軽い気持ちにいいかもしれない。

朝の時間にはコーヒーの値段で朝食セットがついてくる。
内容簡単。トーストとゆで卵というコメダ珈琲スタイルで、トーストを焦がして焼いてくださいね…、ってお願いをする。
「よく焼いてくださいね」っていう表現だと伝わらないことがあるというのに最近気づいて、具体的に「焦がしてネ」ってたのんでみたら、案外これがよくてそれ。ただどのくらい焦がしてくれるかはお店の次第で、今日のこの店。良く焦げていた!(笑)。
バターがたっぷり塗られててツヤツヤテカテカ。お供についてたゆで卵の殻がスルンとキレイに剥けた。剥けた玉子の肌が濡れててみずみずしかったから、おそらく茹でる前に小さな穴を殻にあけていたのでしょう。塩をたっぷり黄身にのっけて、ミルクを足したコーヒーでお腹をほどよくあっためる。

 

関連ランキング:パスタ | 西熊本駅

 

そして土曜日。いつものホテルで朝ご飯。
熊本の街はホテルラッシュで、ホテル同士の競争もかなり激しい。
このホテルも客室を改装したり、レストランを充実させたりと一生懸命。コーヒーショップをオープンキッチン付きのバフェ仕様にしてから朝食が魅力的なのがありがたい。
熊本らしい料理が揃うラインアップが魅力的で、今日も料理をまずはあれこれ。
からし蓮根はいろんなところでたべるのだけれど、ココのこれがボクには一番おいしく感じる。ツーンっと鼻からぬける芥子が涙を誘い、れんこんはカリカリ歯ごたえたのもしい。衣は薄付きでれんこんの食感邪魔せぬところがまたステキ。
熊本名産のサラダちくわが今日はあった。ちくわの穴にポテトサラダを詰めて衣をつけて揚げた天ぷら。ムッチリとしたちくわにサクッと歯切れる衣、中からぽってりポテトサラダが顔を覗かす。オキニイリ。

ししゃもにレタスの葉っぱをあしらい、グリルドベーコン。レンズ豆のサラダがあったからコツコツ食べる。朝が来る。
お供のご飯はほんの少々。上に辛子明太子と梅干しのっけて汁はだご汁。分厚い団子に濃厚な甘味噌。野菜もたっぷり、柚子胡椒で風味をそえて朝のお腹をあっためる。
賢いトースターでバターブレッドをよく焼いて、スクランブルエッグを焼いてもらってのっけて食べる。卵が含んだバターでよく焼きトーストがしっとりしてきて、口でとろける。コーンポタージュがよき相棒。
阿蘇の麓で育てた牛のミルクで作ったヨーグルト。甘く熟したパイナップルと一緒に食べて、バナナでお腹に蓋する。今日も仕事でまた移動。

 

関連ランキング:カフェ | 通町筋駅水道町駅熊本城・市役所前駅

コメント

  1. いわし

    所謂「よく焼き」派なのですが、どう表現すれば的確に伝わるのか、いつも試行錯誤しています。デフォルトがほのかにしか焼かないお店だと「よく焼き」も焼き足りなかったり、表はよく焼かれていても裏が真っ白とか。融通のききそうな店員さんのときは、もうちょい焼いてとお願いすることもあるけれど、にしても双方手間がかかってしまうので避けたい、と悩んでました。
    次回はサカキさんの方式でやってみます!ありがとうございます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いわしさん
      玉子の焼き加減、トーストの焼き加減、ベーコンの焼き加減とアメリカ式の朝食は焼き加減ひとつで見た目も味もまるで違ってしまう。面白いなぁ…、と気づきました。
      昔、頻繁に行く機会のあったホテルのメインダイニングで20種類ほどのトーストを焼いてくれて、その中から「サカキ式」を指名した…、という経験があります。贅沢な時代でした。

  2. いち

    私も「よく焼き」派です。試行錯誤の後、たった一度だけ「柴犬くらいの色で」とお願いしたことがあります。常連でもない客からの言葉に店員さんは一瞬戸惑った顔をされたものの、笑顔になり、ホントーによおく焼けたトーストを提供してくださいました。
    今は「しっかり焼いてください」とお願いしていますが、シンプルに「焦がして」の方が伝わりやすいかも。私も次回は使わせていただきます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いちさん
      柴犬くらいの色!
      見事です。
      この店のおなじみにさんになってやろうと決心したら、変な注文をする…、を実践したことがあって目玉焼きを「上手に作ろうとせず、ひっくり返すのに失敗して焼いてください」と言って、キョトンとされたことがありました。
      やってきた目玉焼きが両面こんがりやけていて、しかも黄身が潰れていたを見て「この失敗の仕方は見事ですね」と。言った方も言われた方も大笑いになって良い付き合いをそれから続けさせていただきました。

      柴犬くらいの色…、どこかで使いたくてしょうがなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。