熊本の夜と朝

熊本の街に戻って夜を「八潮」という海鮮料理のお店に来る。
なぜだか九州に来ると刺し身を食べることが多い。お店の人も刺し身を食べさせたがるし、たしかに旨い。
海が近くて鮮度はピカイチ。それを活きたまま料理する職人さんも多くて、他の地方で食べる刺し身とはひと味違ったおいしさがある。
今日はカワハギ。
ほんのりあったかなブリブリの刺し身。
さすがに甘い九州風の醤油ではなくポン酢で食べる。たっぷりもみじおろしを乗せてパクっと食べるとポン酢も甘い。九州の味。
ねっとり、立派な肝がたっぷりついてきたのだけど、足が痛くなるのは嫌だからそれは我慢して肉だけパクパク。
白身の魚のすり身にチーズを混ぜてまるめて揚げたフィッシュボール。魚の自体の旨味と甘みにチーズの風味が混じっておいしい。ブリンと前歯に抵抗するような力強さに油の香りが泡を誘った。

豚軟骨の煮たのがある。これがおいしくっておすすめなんですって言われてたのむ。
肉のついた軟骨部分をトロトロに煮込んで食べる料理があるけど、これは軟骨のパリパリとした砕ける感じをたのしむ料理。軟骨に包丁をいれて噛み切れるように下ごしらえして、甘辛味に煮込んでる。奥歯でバリッと軟骨が破裂するように砕けて壊れる食感たのしくオモシロイ。
大きく分厚いエイヒレをこんがり炙ってもらって食べる。こういうものをお供にお酒を飲める大人にやっとなる(笑)。

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 通町筋駅熊本城・市役所前駅水道町駅

 

熊本の朝。定宿の朝食。
野菜をたっぷり食べたいなぁ…、と、お皿の真ん中にご飯をちょこんと盛り付けて周りにたっぷり野菜をあれこれ。
ハーブ野菜にスイートコーンとロマネスコのオイル漬けをぱらりと散らす。
茄子のオリーブオイル揚げ。
大根のピクルスであったりキャベツのコールスローでご飯を囲んでいく。南関あげとこんにゃくの煮付けがあったからそれもチョコン。明太子やカブの葉っぱの浅漬なんかをご飯に散らすと白いご飯がほぼ覆われる。
辛子蓮根や甘い卵焼き、きゅうりの漬物をあしらって今日の朝のメインの仕上がり。スプーンでご飯と野菜をよく混ぜて、サラダご飯にしてパクリ。野菜の料理それぞれの持ち味使って味が整う。すくって口に運ぶところで味や食感、香りが違って口がにぎやかになる。オモシロイ。

ここの辛子蓮根はいつも感心するほどおいしい。ツーンっと鼻から抜ける辛さに目が潤む。
コーンポタージュをぽってり飲んでお腹を潤し、だご汁少々。分厚いすいとんみたいなダゴに甘い麦味噌。ごぼうにニンジン、ネギもたっぷり入ってお腹も満ちていく。柚子胡椒をときながら味と風味を整える。
バターブレッドを賢いトースターでこんがりと焼く。水分が抜けてサクサクカサカサ、歯ざわりよくって香ばしい。阿蘇のおいしい牛乳にほんのちょっとだけコーヒー落としたミルクコーヒーをゴクゴクのんで目をさます。
プレーンヨーグルトにパイナップル。蜜が入って甘くて酸っぱく、甘いバナナにみかんでお腹に蓋をした。

 

関連ランキング:カフェ | 通町筋駅水道町駅熊本城・市役所前駅

コメント

  1. 食欲

    まだ子供の頃、お母さんのお手伝いで煮付けにするカワハギを洗っていて、肝心の肝を内臓だと思って、全部きれいに洗い流してしまったことを、サカキさんのブログを読んでいてふと、思い出しました。でも怒られた記憶はないんですよねー。捨てないんだよ、食べられるんだよって教えてもらっただけで。もし同じ事をうちの子供がしたら、私多分めっちゃ怒るなーって今。カワハギで反省。。。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      食欲さん
      食べる習慣がないとわかりませんもんね。
      ボクの母は父が台湾でもらってきたからすみを煮て台無しにしたことがありました。だって見たこともなかったから…、っていう母に怒ることもできず大笑いで幕引きって出来事を思い出しました。
      未知の食との出会いってたのしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。