熊本のマン

仕事を終えて熊本の夜。
最近人気のお店がある…、というので「前川水軍」という店にくる。
若い人たちのお店です。
お金をかけずやれることだけ一生懸命という、若い人たちだから許されるいろんな工夫が若い人たちに受けてるのでしょう。
にぎやかでした。
店の入り口正面に魚を並べたショーケース。
大きなキッチンを取り囲むように客席がある。保健所的にこれって平気か?って思うようなこともあるけど、何ごともなければそれもいいかもなぁ…、ってのんびり思う。

刺身がメイン。毎日限定数で一人1000円で刺身食べ放題をやっている。面白いなぁ…、と思うもそれほど刺身が好きなメンバーじゃなくて看板商品の刺身の箱盛りを選んでたのむ。魚6種にウニ、いくら。これで980円。
魚はほど良き状態。びっくりしたのがウニが甘くておいしかったこと。しかもメインにどーんっと置かれてて、それが料理を贅沢料理に見せている。考えてるなぁ…、って感心します。
辛子蓮根を思わずたのむ。熊本だもの…、しょうがない。ただどういう辛子蓮根が果たして美味しい辛子蓮根なのか味の基準を持ち合わせていないものだから、今日のもおいしいかおいしくないか分からず食べる(笑)。
それから餃子。どうせ凍ったものだろうと思って食べたらこれが手ぐるみ。手作りなのにびっくりします。ホッケの焼いたの、太った目刺の焼いたのと魚をあれこれ。ほどよいところで切り上げてハシゴしましょ、と店を出る。

 

関連ランキング:居酒屋 | 花畑町駅辛島町駅熊本城・市役所前駅

 

熊本の夜の二軒目に「マン」。
MANであります、男であります、漢であります、野郎でもある。プロレス好きのマスターがやってる情熱あふれる店。ビールのうまい店でもある。
泡なめらかで喉越しのよいビールをジョッキでグビグビたのしむ。マスター元気にジョッキ片手に飛び出してきてガツンガツンと乾杯をする。
御歳85歳という年齢にして元気で見事な飲みっぷり。未だに毎日トレーニングして胸筋、上腕二頭筋がピクピクしてます。感心します。

たのしい酒の肴が揃う。例えばチーズ。薄切りにした大根の上にチーズを乗っけてパクッと食べる。大根の確かな歯ごたえに続いてチーズがトロンととけて、みずみずしいのに旨味濃厚という不思議食感にウットリします。
オイルサーディンを缶のまま温めるのはよくある料理。けれどここのは輪切りの玉ねぎで蓋して温める。沸騰してもサーディンの身は崩れることなく風味豊かにあったまり、上の玉ねぎもまたうまい。牛バラ肉とピーマン、玉ねぎをニンニク味に炒めた料理でビールおかわり。またおかわりと上機嫌。
マスターの若かった頃の武勇伝に大笑いして涙を流し夜は更けます。また来ます。

 

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 通町筋駅水道町駅熊本城・市役所前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。