熊一の焼肉、九州の串焼き

熊本について仕事。それから昼食を焼肉の熊一でする。
好きな店です。昔からずっとほとんど変わらぬやり方…、肉の選び方も切り方も、盛り付け方も質実剛健。思わず焼きたくなるような盛り付けだったり色艶だったり。
カルビとロースをもらって焼くも、自分でも惚れ惚れするほどキレイに焼ける。
網に置いた途端にキュッと肉が縮んでゆっくりそっくりかえりはじめる。肉の表面が汗をじんわりかきはじめ、おいしい匂いがしてきたらヒックリ返してしばらくまつと出来上がり。肉も脂もほどよいおいしさ。焼けた香りもおいしくて、けれど一番おいしく感心するのがタレのおいしさ。このタレを使ってオモシロイ商品ができるかもねとアイディア出してパクパク食べる。

どうしても〆に食べてみたかったのが「海苔雑炊」。熱々に熱した石鍋でグツグツしながらやってくる。スープは牛骨を炊いた濃厚スープでご飯はふっくら、ポッテリ。韓国海苔がたっぷり入って軽いとろみが食欲誘う。たっぷり入ったネギがシャキシャキ、ポッテリとしたご飯の食感引き立てる。
薬味に鮭のほぐし身に潰した梅、わさびにネギがついてきて、お茶漬けっぽい楽しみ方ができるところがオモシロイ。牛の脂の甘みがおいしいユッケジャンスープも一緒にたのしみお腹も気持ちも満たされる。

 

関連ランキング:焼肉 | 西熊本駅

 

夜、熊本の市街地に戻って夕食。オモシロイ串焼き屋があるというのでやってくる。
「お肉の大将」というお店。
カウンターが中心でその中にオープンキッチンが広がる気軽なお店。サラリーマンがぶらりとやってきてポケットマネーでたのしめる店。
メインは串焼き。九州の串焼きというのはちょっと独特で東京ではあまりお目にかかれぬものがあれこれ揃う。
何が今日はおすすめですか、というとネギレバだという。生のレバを串に刺し塩と炭でこんがり焼いたら上にたっぷりネギだれのっける。やってきたときにはあまりの量のネギに埋もれてなにがなんだかわからぬ状態。
ただこのネギダレがおいしくてブリッと歯切れてとろけるレバーをシャキシャキ引き立ておいしくさせる。

ハラミの串や豚バラ肉でトマトや青唐辛子、えのきやニラを巻いてじっくり焼き上げた串。トマトはプチッとはぜてとろけてまるでソースのようにふるまって、ニラはザクッと香りがおいしい。えのきはバッサリ、口の中で散らかってきのこ独特の旨味を吐き出し肉の旨味を引き立てる。
中でも青唐辛子のおいしいコト。ビリビリ辛味があとからあとから追いかけてきて豚の脂を甘くしていく。酒の友。
天草大王が売りのひとつで、そのもも肉の唐揚げ食べる。ブリっと歯ごたえたくましく、顎を使ってじっくり味わう。肉の食感は独特だけど、臭みや癖が無いのでとても食べやすい。次のお店にはしごする。

 

関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 水道町駅通町筋駅熊本城・市役所前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。