煮込みきしめんにニシン重

今にも雪になりそうな冷たい雨が降る日曜日。
近所でお腹をあっためましょうと、オキニイリの尾張屋にくる。
最近は、カレーそばにかつ丼をたのんで分け合い食べることがほとんど。今日はちょっと変わったものを食べてみようと、ショーケースの目立つところにサンプルがおかれた「ニシン重」なる料理をたのんだ。
ニシンそば用にじっくり炊かれた身欠きにしんをご飯の上にのっけた料理。
名前の通りのシンプルさ。
見た目はうな重のように見えます。ただうな重に比べて魚の表面がツヤツヤしていてちょっとみずみずしさを感じさせる。巨大なサンマの蒲焼きのようにも見えるところがオモシロイ。ニシンはボロっと崩れます。口に含むとバッサリ壊れて口がちょっと乾いた感じになるのは身欠きにしんの特徴的な食感でご飯と食べるとご飯にニシンがしっかり混じって、にしんそば以上ににしんを感じる。焦げた醤油の香りがおいしい。

お供は味噌煮込みきしめんを注文します。メニューの一番最初に書かれているほどの自信の料理。
分厚くむっちりとした食感が肉感的なきしめんと、白菜、ニンジン、えのきに鶏肉、油揚げとたっぷりの具材を一緒に味噌で煮込んで仕上がっている。
甘めの味噌がおいしいこと。野菜や鶏肉の旨味がとけこみ、ゴクゴク飲める。なによりその味噌味の汁を吸い込んで色の変わったきしめんのおいしいことにうっとりとなる。相当煮込まれているのにきしめん独特の触感をなくさないのがうどんと違った特徴で、ハフハフしながら一気に食べる。
餅を追加してもらいます。ネットリところけてきしめんに欠けた粘りが口に広がり、お腹、気持ちが整った。小さなご飯がついてくるのが味噌煮込みの特徴で、味噌で重たくなった舌が拭われるようなおゴチソウ。

 

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

 

ちょっとおやつをたべましょう…、とバーガーキング。
すごくひさしぶりのコトであります。
来るたび、商品が小さくなったり味が変わってしまったりして気持ちがかなり遠ざかってた。
とは言え家から近いところにある店です。食べることを目的にセずのんびりするのにいいかなぁ…、と。
来るも開業当初のカフェっぽい雰囲気や座り心地のよいソファはなく、いかにもファストフードでございますって感じの店になっちゃってるから、のんびり気分もほぼ半減。もったいないなぁ…、と思います。
お店の前にクリスマス用の企画商品のポスターがある。「ぼっちバーレる」。ケンタッキーのパーティーバレルの向こうをはっておひとりさま用のコンビネーション。ロンリークリスマスも寂しくないし恥ずかしくもない…、って話題作りにはあざといけれど悪くない。

品質が悪くなっく一方のワッパーには目もくれず、フィッシュバーガーを選んでたのむ。
タルタルソースがおいしければなんとか味が整う商品。パンは空気をたっぷり含んできめが粗くなっていて、でもそのため噛むとクシャッと潰れてカサカサに揚がったパン粉衣をふっかり包む。フィッシュフライは若干小さくなりましたか…、それでも味わい力強くてレタスの葉っぱもシャキッと新鮮。ファストフードの料理としては悪くないなぁ…、と思ってパクリ。
衣をたっぷりまとったオニオンリングはほどよきおいしさ。すべすべとした玉ねぎの食感なめらか。ソフトクリームをのっけたフロートは、のんびり感を膨らますのによきおゴチソウ。いい感じ。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。