煮込みきしめん、かつ丼、ドトールビエネッタ

夜、友人と夕食。ひさしぶりに尾張屋にくる。
家の近所の気軽な蕎麦屋。…、いや、きしめん屋というべきか。
尾張屋という名前の所以もおそらくきしめんに自信があるからなんでしょう。けど、東京に住んでて「蕎麦屋」「うどん屋」というカテゴリは身近であって「きしめん屋」という言葉は縁遠い。
まぁ、実際きしめんだけじゃなくそばもうどんもあって、それぞれがしっかりおいしい店だから「麺屋」といえばいいのかなぁ。近所にあってうれしいお店。
昼は近所の会社づとめの人たちの気軽なランチの場所になる。だからにぎやか。夜は一転のんびりで大きな袖看板にも明かりが入ることがないからやっているのかどうかわからぬ鷹揚なさま。知ってるご近所さんに来てくれればいいじゃないの…、ってことなんでしょう。オモシロイ。

ここのメニューの一番最初にのっているのが「煮込みきしめん」。
自信をもって…、というこの商品で今日の夜。
餅を追加して作ってもらう。
鉄鍋でグツグツ煮込んで仕上げる料理。
刻んだ白菜、人参、小松菜、茹でたほうれん草。刻んだお揚げがたっぷり入って、鶏の端材がコクを出す。
麺を引き釣り出すとたしかにきしめんです。
ここのきしめんは若干分厚くムチムチしている。煮汁をしっかり吸い込んで色が変わってみえるほど。
ちなみに汁は味噌味で、しかも赤味噌じゃなくて白味噌というのがちょっと独特。ほのかに甘く鰹節系の出汁の旨味と軽い酸味が味噌の風味をひきたてる。餅と一緒にきしめん食べるとムチムチ感にネットリとした粘りが混じってまた旨い。

お供にかつ丼。二人で分ける。注文すると何もいわずとも「玉子硬めで」と厨房に注文がとぶ。おなじみさんな気分になれてしみじみうれしい。
分厚いとんかつ。肉を包丁でよくたたき、筋がしっかり抜けていて切った断面から煮汁が染み込みしっとり仕上がる。一番端の脂の部分がパン粉衣と一体化して噛むとカサカサ、そしてジュワリととろける感じがたまらない。
シナシナになった玉ねぎ、出汁が染み込んだご飯も旨い。カリカリたくわん、赤味噌使ったちょっと酸っぱい味噌汁もいつものようでホッとする。

 

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

 

ちょっとお腹に余裕があって甘いものをとお店の近所のドトールコーヒー。
まもなくT−POINTカードの扱いが終わってしまうというココで、いかがですか?と勧められたのがハウスカード。ポイントがついていろいろお得ですからと説明しましょう…、っていうのを制して即購入。
いつも親しくしてくれているお店の人へのお布施のつもり。
こういう小さなつながりも悪くないかと思ってそれで、ピポッと決済。便利でござる。

ミルクレープをと思ってきたら、チョコレートのミルクレープがあってそれ。
パリパリとした極薄チョコとふっくらとしたクリームが層なししあがり、フォークをあてて力を入れるとパリパリコツコツ、手首がたのしい。まるで溶けないビエネッタ。お供の飲み物はひとつはアイスラテにして、もう一種類は季節のおすすめ、リンゴバナナヨーグルト。これがおいしく困ってしまう。春の冷たいオキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。