焼肉柿苑、岐阜の焼肉

勉強会を終えてそのまま岐阜の焼肉。
「柿苑」というお店を訪ねる。
スゴイ場所です。
畑の真ん中。
周りに民家があるかというとパラリパラリとちらかる程度。
開店と同時にやってきて、客席に付き注文してたら、続々お客様がやってきて10分ほどでほぼ満席という人気ぶり。
大衆的な焼肉店らしい気軽なムード。
飾りっ気なく、でも居心地良くロースターは磨き上げられてピカピカしてる。肉を焼くぞと闘志がわくようなたのしい空間。肉を焼く。

肉をたのむとまずキャベツ。こってりとした甘辛醤油ダレをかけて、どうぞとやってくる。サラダなんて気の利いたものじゃなくてこういう野菜がおいしい店はうれしい。
それからキムチ。見慣れた赤いキムチじゃなくて白いキムチで、塩がバリッときいている。赤唐辛子のどっしりとした辛味が後から後からおいかけてくる不思議なおいしさ。パリパリとした食感もなまなましくてオキニイリ。センマイの刺身をもらうとこれまたザクザクとした歯ざわり上等。タレもおいしくたべはじめると止まらない。キレイに掃除をした白センマイもおいしいけれど、どうしても水ぽくなる。見た目は地味でもこのパリパリ感はたまらない。

肉はドサッとやってきます。タン塩の上にキレイな牛脂がひとかけ。鉄板にそれを押し付け、ジュジュっと湿った音と一緒においしい香りがやってくる。
薄く切られた牛たんです。味も特別ほどこさず、鉄板の上に並べたところに塩をパラパラかけてやく。焼けると同時に肉汁が滲んででてきて、それが塩を溶かしてタンの中にとりこむ。それで十分味が整う。オゴチソウ。
ソーセージは本当に普通のソーセージ(笑)。
それもバリバリに焦がして焼いてタレで食べると焼肉味になるのがたのしい。

ちなみにココの焼肉のタレ。醤油辛いです。濃くて濃厚。サラサラしてて肉にまとわすというより、漬けて味わう…、という感じ。味が強いのに肉の旨味や焼けた風味を邪魔しないのがオモシロイ。
細かく包丁を入れて筋を切ったロースに豚ホルモン。いろんな部位が混じって入ったごちゃごちゃ焼き。カルビも脂より赤身がおいしいタイプで、肉をくってる!って気持ちがあがる。

焼いては食べてお酒を飲んで、それで〆かと思ったら、みんな白いご飯と赤出汁をたのむ。焼肉屋さんでなんでこんな組み合わせ…、って思いもするけど郷に入っては郷に従え。たのんでみました。
このどっしりとしたタレの味には白いご飯がピッタリと合う。キムチもご飯のお供にピッタリ。韓国海苔をたのんでキムチとご飯をくるんでたべるとなんとも旨い。しかも赤出汁のおいしいコト。濃厚味噌と出汁の旨味で、焼肉のこってり味に一歩も引けをとらぬ濃厚。お腹を満たし、気持ちも満たされ新幹線で東京に。焼肉の匂いと一緒に帰ります。

 

関連ランキング:焼肉 | 須賀駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。