焼肉ライクで焼肉がライクになるのかどうなのか…。

「焼肉ライク」に行ってきた。
場所は西新宿。オフィスビルが立ち並ぶエリアのちょっと手前の路地。鳴り物入りで新橋に一号店が出来たのが去年の8月29日。加盟店を増やすんだ…、とかなり鼻息荒かったけど二号店がココに出来たのが11月29日。
「ヤキニク(829」の日と「イイニク(1129)」の日を狙って開店。用意周到を感じることもできるけれどもちょっともたもたしているのかなぁ…。
とはいえこれから次々店は増えるようです。いきなりステーキの加盟店でもある幸楽苑がやはり加盟店として名乗りをあげたということでもある。あっという間にいろんな場所にできてしまう前にちょっと見てみましょうと。
ランチタイムにいったのだけど、ウェイティングができるというほどでなくほどほどの入り。

店の中にはカウンター状の大きなテーブル。等間隔でロースターが埋め込まれていて仕切り壁にはオーダー用のタブレット端末が埋め込まれている。2席にひとつの割合で焼肉のタレが置かれた塔状の構造物。お水が出てくる蛇口がひとつと、いたれりつくせり。
人手をかけない工夫が徹底していてなんだかむしろすがすがしいほど。注文をした肉やご飯にスープやキムチと、料理は全部トレーにのって運ばれる。そのトレーがすっぽり、テーブルにつけられた凹みにおさまるようになっているのも工夫。
作った人は牛角を仕掛けた人です。その牛角も厨房が小さくて調理人がいらないことが店を増やす原動力のひとつになった。でもその牛角に輪をかけ厨房は小さく人も少ない。牛角が出来たのがほぼ30年前のコト。当時はこれほどまでに人手不足が深刻になるとは思っていなかった。しんみりします。

手軽な定食は800円前後から用意されてる。
ただ肉の分量は100g。
ご飯のおかずにお腹いっぱいになろうと思えば200gくらいは食べなきゃいけなくなっちゃう。そうなると値段は1000円越えになります。
ちなみにボクはアラカルト。
薄切りの和牛ロースにざぶとん、ハラミ、牛タンに牛ホルモンをそれぞれ50gずつ。
5種類だから都合250gという量。ごはんセットに韓国のりをつけてランチのひと揃え。
注文が終わると「さて、ロースターを点火して準備をしてください」とタブレットにメッセージ。カウンターにコントローラーが埋め込まれていて自分でつける。箸やおしぼりは引き出しの中。上等です(笑)。

肉の状態は悪くないです。特に和牛ロースはおいしい。肉の旨味、風味がしっかりしていて塩と胡椒で十分おいしく食べられるほど。それ以外の肉に関しては肉そのものの味は若干薄口で、タレの力を借りて食べなきゃいけなくなる。タレは多彩でおいしくて、だからご飯のおかずにピッタリ、悪くない。
ただ、ロースターと網の距離が近いから強火にするとすぐ焦げる。弱火にすると網の隅々まで熱が行き渡らなかったりするのが少々、じれったい。それに250gの肉がステーキとしてでてきたときの高揚感が肉の切り身250gでは感じることができないところがちと残念。
夕食時はともかくランチで気軽に焼肉が食べたいってときにはかなり便利かも。女性客が案外多くてちょっとびっくり。調子に乗って注文したら2000円をあっさり越えてしまったことにもびっくりしました。お勉強。

 

関連ランキング:焼肉 | 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅

コメント

  1. なすび

    なんか近未来のお店ってかんじですねー!!!
    こういうお店ってふつうに 入ったら店員さんに挨拶してもらうまで待っていればよいのですか?それともタブレット操作して自分で席を取るのですか???謎がいっぱいです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      なすびさん
      まずお店の人がテーブルまでは案内してくれるんです。中にはタブレットの使い方とかロースターの点火の仕方がわからない人もいて、お店の人がとんできてくれる。
      だからノーサービスって感じはしないのですけれど、そのうち何から何まで自分でやって、お店の中にほとんどお客様以外の人がいないお店なんていうのもできるでしょうね。
      そういう未来はあんまり来てほしくないなぁ…、なんて思いました。

  2. めるば

    likeって「好き」じゃなくて「〜のような」の方のライクですかねぇ…
    と、ひねくれてる私は思ってしまいましたwww

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      めるばさん
      上手い!たしかに「焼肉のようなもの」を食べたような気がします。
      魂を揺さぶるようなゴチソウを食べたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。