焼けて切られたサンドイッチ、ドトールの朝

朝、近所のドトールコーヒーで。
気持ちのいい店。元気な店長、笑顔がステキなスタッフがいつも元気でがんばっている。
チェーンストアです。東京都心にはそこら中にあるといってもいいほどたくさんあって、どこも同じメニュー、値段でやってる。けれどお店によって雰囲気やムードが違って感じる。すべてがお店で働いている人たちが発する空気が違っているから。
商品…、特に飲み物に関してはほぼオートマティックで出来上がるから味に違いがあるわけじゃなく、でもお店の雰囲気で味はまるで違って感じる。こういう部分が「コストパフォーマンス」に大きな影響を与えるんでしょう。コスパコスパとみんな言うけど、それは「安さ」ではなく「価格に対しる価値を感じる」ってことなんだよネ…、ってしみじみ思う。コスパよし!

トレーの上にストローと紙ナプキンが用意される。
どちらもボクは使いませんからと使わず返す。
これもできれば節約したいコストでしょう。オキニイリのお店にちょっと恩返し。
いつもの朝のセットをたのむ。
ハムとたまごサラダを挟んだトーストブレッドサンド。
よく焼けたパン。パンそのものは痩せて空気をたっぷり含んで軽い仕上がり。それを強めに焼いているからサクサク歯切れる。焦げた香りもおいしくて、前歯がくすぐったくなる感じがたのしい。
一転、中に挟まるたまごサラダはぽってりなめらか。ハムはふっくら、レタスがシャキシャキみずみずしくて、口の中がにぎやかになるのがたのしい。余計な味はあまり加えず、素材それぞれの持ち味で味が整うところも朝の口にうれしい。オキニイリ。

ちなみにずっとココではサンドイッチを半分に切ってお皿に盛り付ける。一部の店では切らずに紙で包んで、まるでハンバーガーを提供するようにサーブするけど、あまりにそれでは味気ない。
ナイフで切るというほんのひと手間が料理を上等にしてくれる。そのひと手間を効率と時短のためにかけないなんて、もったいないなぁ…、ってココに来るたびみてホッとする。サンドイッチのお供はアイスラテにしました。朝はひんやりしたけれど、そろそろ冷たい飲み物が本格的においしく感じる朝のコト。それでゴクリと、お腹を涼しくいたします。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

お腹を涼しく…、と言いながら、日陰に入るとまだ寒い今日。
打ち合わせのため珈琲貴族エジンバラにきて、ホットミルクをたのんで飲んだ。
気持ちのいい店。
24時間営業で、しかも新宿という深夜は荒れることがある地域にあっていつ来てもムードが同じ。
明るく、心地よい緊張感で満たされている。どんな人でも思わず背筋を伸ばしてしまう。なのに堅苦しくなく居心地がいい。
一昔前ならどんなホテルのロビーラウンジでもこういう空気があったもの。今ではロビーラウンジを持つホテルが絶望的に少なくなって、だからこういうお店は基調で希少。ずっとこのままでいてほしいなぁ…、って思ったりする。
ホットミルクはあったかく、あまくてやさしい。ロンパールームのお昼寝前のシアワセ感をしみじみ味わう。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。