無駄は心のご褒美です!

ルノアールでお茶をしました。いつも通りに分厚いタオル生地のおしぼりに、氷が入ったグラス一杯の冷たいお水。くるたびしみじみホッとする。
昔、水道橋で働いていた頃。よくルノアールで会議をしていたものでした。
毎週1度の定例会議の前哨戦的インフォーマルな会議というのかおしゃべり会で、みんな煙草をプカプカふかし、ソファにふんぞり返って足を組み、分厚いおしぼりで汗をふきふき仕事の話や雑談や。
今以上にゆったりとた贅沢な造りの店でしたから、会社の会議室で話をするより気持ちが大きくなって、話が弾んだりしたものでした。
同じようなことを会社でもできるんだから、無駄なことではあるのだけれど、そういう無駄が仕事をする上の潤滑油とでもいいますか。必要悪のひとつと思って誰も疑問に思わずやってた。なつかしい。

働き方改革であったり合理的な働き方であったり、今の社会には無駄は罪悪って考える潔癖症気味なムードがあって、それはそれで仕方ないかと思うもする。
けれど、無駄のない生き方だとか無駄のない生活だとかが本当にステキでシアワセなのか。
無駄がなければいいのなら、スターバックスみたいな店こそ無駄。
缶コーヒーでいいじゃないかということになる。
そもそも外食産業なんて無駄のかたまり。料理を作るとか食事をすることも無駄な行為で一日分の栄養が凝縮されたタブレットを摂取すればよし。でもそうならない理由がやっぱりあるんだよな…、と思ってしたたか納得す。
ストレートのアイスティーをゆっくりゴクリと飲みながら、気づけばお茶が来ておりました。まさにステキな無駄のお茶。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿三丁目駅新宿西口駅新宿駅

 

今日はひさしぶりに真剣なビジネスミーティング。
丁々発止で頭と気持ちをフル回転で使ったから、ちょっと疲れた。やさしいもので晩ご飯。
お茶漬けにする。
お茶漬け海苔は湯島にある海苔の老舗の大佐和の海苔茶漬け。
そこに加島屋の鮭茶漬け。脂ののったキングサーモンをほぐしてしっとり感を残して加熱。鮭独特の脂の香りがまずおいしい。袋に入ったお値打ち品もあるのだけれど瓶詰めを買って大切に食べることにした。
お茶をかけるのじゃなく出汁でご飯を軽く炊き、そこに具材をのせて仕上げる。
たっぷりの海苔がご飯をすっかり覆い尽くしてわさびの香りとあられの食感、香ばしさ。鮭の風味が海苔の味わいを豊かにさせる。食べてるうちに海苔がとろけてぽってりしてくる。お腹も芯からあったまる。

だだちゃ豆を塩ゆでにした。塩をちょっと多目にふってフライパンに少量の水。沸騰させて枝豆を入れ蓋してなかば蒸すような感じで仕上げる。豆がまだアルデンテの状態で引き出しそのまま予熱で芯まで仕上げて冷ます。
ホツホツとした豆の食感。豆そのものの甘みと旨味。なによりだだちゃ豆独特の香りがおいしい夏の味。
水茄子の漬物に煎った白ごまをたっぷりかけて、手でさきながら食べる。ふんわりとした実の食感にキュッキュと歯茎をくすぐるような皮の感覚。これまたおいしい夏の味。
ゴーヤを薄くスライスし塩を揉んで水でさらして鰹節。醤油をちょっとかけて食べるとシャキシャキ苦くてみずみずしい。お腹はすっかり夏仕様。

コメント

  1. けいたろう

    無駄は心のご褒美♪

    温もりのある優しさはステキです。

    贅沢は敵ではなくステキであってほしいです。

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    けいたろうさん
    なにしろ今においては「普通であること」が一番の贅沢。ぬくもりのあるやさしさ…、大切にしたいですね。

  3. リムママ

    喫茶室ルノアールは学生時代から見てるから〜長い期間続いてるんですね〜\(^o^)/
    ルノアールはジョージさんには憩いの場なんですね…
    加島屋の鮭茶漬けは美味しいですよね?\(^o^)/
    加島屋の鮭茶漬けは最初はアラスカの鮭でなく、新潟村上のシャケを加島屋のおばあさんが骨に付いた身がもったいないとこそげて集めて作って販売してたのです。
    その頃の鮭茶漬けは脂っぽくありませんでした。
    小さい時の息子はその頃の鮭茶漬けをご飯にのせて海苔で巻いて食べてました。
    最初東京の日本橋三越で販売するようになり(最初の頃三越のガラスのドアに「加島屋の鮭茶漬け入荷しました。」と紙に手書きで書いてあるのを見付けてビックリ!?地下に行くと加島屋の店に行列ありで2度ビックリ!?)、高島屋でも、伊勢丹でも販売するようになれば村上の鮭では足りなくなるのは当たり前です。加島屋は色々工夫してます。昔の場所から移動して店舗と調理場とお食事と甘味取ることが出来る店が立派な加島屋のビルとして建ってます。1年に2回お客様感謝祭があります。
    一度でも加島屋でお中元やお歳暮を利用したお客様には封筒に卵の引換券(3000円以上お買い上げの方にですが…)とお買い得商品がプリントされたのを送ってます。ですから、感謝祭の時はお客様でいっぱいです。
    ルノアールも加島屋も長く続く努力をしてるからこそ、今もあるのでしょうね\(^o^)/
    ちなみに…東京では手に入らない鮭の昆布巻がお薦めです!!昆布はトロトロで中の鮭の中骨も柔らかく美味しいですよ〜\(^o^)/❤

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      リムママさん
      いろいろ、よくご存知ですね。勉強になります。ありがとうございます。
      ただ、今、精神的に多くの情報がなだれ込んできてしまうとそれを処理することに難儀する状況にあります。コメントはなるべく簡潔にお願いできると助かります。
      わがまま言って申し訳ありません。

  4. あーた

    加島屋の鮭茶漬けは本当においしいですよね。
    ショーケースにずらっと並んでいる様は圧巻です。
    実はいつも賞味期限を管理するのは大変だろうなぁと、気になっています(笑)。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あーたさん
      たしかに。加島屋さんのショーケースの賞味期限管理のことは考えたことがありませんでした。賞味期限ギリギリの商品だけを集めたアウトレットとかったら、喜んでいっちゃいますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。