為治郎のそばで小腹を満たして、南昌飯店で今日の〆

移動の途中に東京駅。小腹がすいて蕎麦かなんかが食べたいなぁ…、って。
それでそうだと「為治郎」。にしんそばを食べてやろうとやってくる。
京都に本店のある蕎麦やうどん、ラーメンの店。やってる会社は八ツ橋を作っている「本家西尾」さん。
近隣の柱には舞妓さんがニコリ微笑むデジタルサイネージがずらり並んでかなりの迫力。
代表メニューは京都で培った伝統の味「にしんそば」、肉の旨味をしっかり活かした「牛肉うどん」、素材にこだわったシンプルな美味しさの麺メニュー「鶏そば」なんだとウェブやパンフレットに書いてある。やってくるお客様の半分くらいはラーメンを食べてるみたいで、でも鶏出汁は苦手でそれでいつも蕎麦。大きなにしんが蕎麦の上にゆったり浮かぶ。九条ネギもたっぷりのっかる贅沢感がいい感じ。

ただ、にしんそばはにしんの上を蕎麦が数本、またぐように盛り付けられているのがボクにとっては居心地がよく、そのようにして写真をパシャリ。ズルンと食べます。
よく煮込まれて軽い焦げた香りがただようにしんがホロリとほぐれて散らかる。麺は色黒。むっちりとして軽い粘りを感じる仕上がり。そこににしんが絡んで口の中に飛び込む。ただ、どういえばいいだろう…、最初は本当に味が薄い。旨味が弱くて麺の水切りを忘れているんじゃないかと思うほどに水っぽくいつかおいしくなるだろう…、と遠く微かに感じる味や風味をたよりに食べ続け、あともう少しで食べ終わるってところでやっとおいしく感じる。今日もやっぱり意地悪な味…、なやましい。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 東京駅大手町駅京橋駅

 

夜、ひさしぶりに南昌飯店。いつも元気な中国訛りのおかぁさんに会いに行こうとやってくる。
ちなみに隣の天然鯛焼きのお店が案外にぎやか。特にこの近くに昼間頻繁に停まる中国からの観光客を乗せた大型バスのおかげもあるのでしょう。結構おいしくたまに買う。
まず中華風の冷奴。豆腐の上に刻んだザーサイとピータン乗っけた簡単だけど、確かに中国料理の味する工夫の料理。炒めた豆苗ももらってシャキシャキ、味わいたのしむ。
それから餃子。コロンと丸い形をしていて薄い生地。焦げたところはパリッとしててプルンとなめらか。肉に酸っぱい漬物、それから白菜たっぷり。大昔、ボクが子供の頃に松山で食べてた餃子専門店の餃子の味を思い出させるなつかしい味。オキニイリ。

おつまみポーションの雲白肉をたのんでみたら、塊のまま茹でた豚バラを薄切りにしてきゅうりとタレで仕上げた昔ながらの作り方。肉の旨味が閉じ込められてて、脂がくちゃっと潰れる感じがなかなか旨い。
海鮮揚げ焼きそばっていうのをたのむ。
やってくるのは皿うどんなんです。パリパリに揚がった細麺にアサリとイカ、エビを加えた野菜のあんかけ。パリパリ麺もおいしいけれどあんかけに浸ってトロンとやわらかになったところもまた旨い。今日の夜の定食は麻婆豆腐がメインでたのむ。するとスープが2つお盆にのっかりやってくる。こういうサービス、人間味があってうれしい。満たされる。

 

関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。