炬燵にはじまり、炬燵に終わる東北の旅

山形県の南陽市の定宿、いとや旅館で一泊。
畳の部屋に布団、電気毛布が用意されててしかも炬燵がおいてある。
炬燵の上にはテレビ、空調、照明器具のリモコンがズラリと並んでお茶の入ったポットに湯呑。これでみかんが置いてあったら日本の冬の完璧なる世界だなぁ…、ってニッコリしました。
四国に住んでいた頃は炬燵をまるで必要としなかった。
関東に出てきて最初の冬に炬燵を買ってみんなで暖をとり、ありがたいなぁとしみじみ思った。家族みんなが小さな空間に足をつっこみ同じ暖かさを分け合う感じ。みんなが仲良くなったみたいになって、なんだかうれしかったものでした。
今でも一人で炬燵に入ると、誰かの足をさがしたりする。なつかしい。
今年は雪がまだなんですよ…、って地元の人の話を聞いて寝た翌の朝。朝起きたら雪が降っておりました。

雪の積もった朝は静か。シンシンと降る雪の音が聞こえてくるような凛とした白い景色に思わずブルッとお腹が震える。朝ご飯を食べに食堂にトントン降りる。近所のおばさんが世話を焼いてくれる朝食。
もう5年くらいずっと同じおばさんで世間話に花を咲かせる。今朝の雪は朝5時くらいから降ったんだという。今は積もっているけれど地面はあったか。気温もこれから温むだろうからすぐに消えてしまうだろう…、と。雪で食ってる人もいるから大変ですねって降るなら降るで大変で、振らぬならばそれも大変。北国に生きる人の気持ちに頭を下げる朝。
野菜がメインの朝ご飯。車麩が入った味噌汁はきっぱりとした味噌の味がおいしくとても力強くて、ご飯をおいしくしてくれる。体が芯からあったまり席を立つといつものように「道中ご無事で」と声が背中をトンと押す。

車で南陽市をでて西へ。山超え谷越え、途中、月山で雪に振られて日本海側にやっと到着。
2時間ほどで海辺の街、鶴岡に着く。
へんてこりんなラーメン屋がある。先日、ガイアの夜明けで紹介されて人気に拍車がかかってとんでもないことになってるんです…、って地元の人に言われて来てみた。
もともと海水浴客相手の民宿で、海っぺりにある。夏が終わって秋、冬、春とボーッとしてると商売にならない場所でなんとか人を集める方法はないかと始めたのがラーメン営業。7年ほども頑張って徐々に火が付き大ブレークということらしい。
宿の大広間に大きな座卓をポツンポツンと15個並べ、一卓ひと組。番号札が広間の入り口に置かれててそれをとって待つというシステム。開店40分前に来たのだけれど15個のテーブルはすでに一杯。17番の札をもらえて広間の角でじっと待つ。

次々人がやってきて、「どこから来ました」って自然と話しが弾んでく。
私は1時間かけましたとか、隣町なんだけどやっとこれたとかっていいながら、一応にみんな照れくさそうに「バカみたいですよね…、ラーメンなんかにこんなに待つなんて」っていう。
そしてついでに「番組、観ました?」って聞いて「観た、観た」ってみんな相槌。再び笑う。
ボクらなんか山越えで2時間以上かかりましたっていうと、「バカですねぇ」って周りの人に笑われて、「大馬鹿モノです」って笑って答える。
ラーメンマニアの人たちが真剣に並んで食べる店であると同時に、ブームに乗っかっちゃった人たちが行列に拍車をかける店でもある。今の行列レストランの本質見るような気持ちになった。

ラーメンは醤油に塩、限定数の味噌と3種で、それぞれあっさり、こってりがある。チャーシュー、メンマに海苔にネギとトッピングはシンプルでそれぞれ追加トッピングで量は加減できるスタイル。替え玉が用意されているのも特徴。
スープはあごだしベースで、醤油はきっぱりと塩の旨味を感じる東北地方らしい味わい。麺は縮れて全粒粉を使った香りたかいもの。醤油であれ塩であれ出汁の存在感が半端なく、どれも同じに思えるほど。とびきりおいしいわけじゃなけど、嫌いな人は少ないだろうって思える味で、それに比べて力強い味噌のスープの味わいが突出してる。海苔、鰹節をたっぷり使った漁師めしってご飯物もなかなかおいしい。悪くない。
時間をかけてやってきて待ってまでやっと食べることが出来たラーメンを、美味しくないと言ってしまうとなんだか悲しく、だからひとりひとりがおいしい理由を探りながら食べるラーメン…、って感じがします。
お店の雰囲気はまるで海の家のごとくで、なるほどそういう場所なんだって納得しました。ボクら帰るときの呼び出し番号は35番。待ち札はすでに100番を超えていました、お勉強。

 

関連ランキング:ラーメン | 三瀬駅小波渡駅

 

腹ごなしに鶴岡市立加茂水族館にくる。
クラゲの展示を世界に先駆けて充実させたことで有名な水族館。
たしかに昔、クラゲは海のただの邪魔者。水族館で展示するようなものではなかった記憶があって、なのに最近、改装されたり新規に作られる水族館には大抵、クラゲの展示コーナーが作られる。
暗い空間に優雅に、ときに不気味に浮遊するクラゲの姿は海の生き物というよりも宇宙から海に飛び込んできた未知の生物のようでうつくしい。
そしてさすがにこの水族館。
クラゲ自体の種類も多く、展示方法も多彩で飼育している様まで観られる。見どころたっぷりで時間を忘れて見惚れます。
ちなみにもう一つの展示の目玉がゾウアザラシのなおみちゃん。この風貌は川島なお美じゃないよなぁ…、って渡辺直美を思って笑う。クラゲ展示のクライマックス、大水槽の前に炬燵が置かれていたのものほのぼのしていていい感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。